いつになったら大阪都構想って議論が始まるのだろうか?


本日の話題は、大阪都構想をめぐる市議会の状況です。
あまりマスコミが書いてくれないのですが、大阪維新の会はどうしたのかと思うぐらい焦っています。
というのは、大阪府では、強行採決の乱発で、首長与党化が露骨となり、当初、選挙が終わったらノーサイド、
協議をしながら議会運営がされると思っていた自民、公明、民主、共産は態度を硬化しました。
このため、せっかく、作った条例に基づく協議会が全く機能しなくなりそう。
さらに、過半数を抑えていない大阪市では、任意であまり権限のない協議会ではなく、
条例で定められた「大都市税財政特別委員会」での討議を大阪維新の会に他党が突きつけたところ、
議員間討議や参考人招致を維新が要求、はねられると思ったはずが、他党はいいですよどうぞと受け入れた。
ようやく、大阪都構想が具体的な協議の塲に持ち込まれるはずだったのだが・・・。
7月19日に同志社大学の新川達郎教授を招いての勉強会のあと、22日に、初委員会を設定した。
ところが、もともと、大阪都構想の協議の塲を要求していた維新の会は、議員間討議のテーマ設定を見送ったのです。
他党は、呆れ顔。自ら協議したいと言っておきながら、進んでテーマを設定しないのは、どういうことかと訝っている。
おもしろいことに、大阪府の浅田議長が大阪市会、堺市議会の議長と会って、三議会による協議会の設置を要望するのだそう。
場づくりばかりに時間を費やし、肝心の大阪府議会では、議論の場さえ空に浮いているのに、他議会に呼びかけている暇がよくあるなぁと思ってしまいます。
時間稼ぎばかりで、3ヶ月間、まったく具体論が出てこない大阪都構想。
このままでは、代表自らが設定したリミットの9月があっと言う間にきてしまう。
代表は、維新の会の現状を棚にあげて、また、他党批判、市長批判をするのだろうか?
市民、府民もいつまでも彼のパフォーマンス政治には、甘い顔は、しないと思います。

広告

2件のコメント

カテゴリー: つぶやき

いつになったら大阪都構想って議論が始まるのだろうか?」への2件のフィードバック

  1. ほんまに君が代条例や節電での迷走の中で、肝心の都構想は進まない。たとえば意見が分かれる部分はA案とB案でもいい。消費税の条例問題にしても関西広域連合あたりに将来の検討課題で提言すべきことで、周囲は止めないのか。意見が異なれば竹山市長を絶縁呼ばわり「おごる維新は久しからず」

  2. 19日に大都市税財政特別委員会が開催される。初回は、講演会という形で、大阪府の都市制度の研究会で座長を務められた新川教授をお迎えする予定だが、質疑応答の時間もあるのだが、維新の会の皆さんが、どのような質問をされるか、まずは注目したい。大阪府では、資料もずいぶん出ているようだが、これまでの焼き直しに過ぎず、当事者中と当事者である大阪市会議員として、彼らがどう大阪都構想を捉えているのか、お聞きをしたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中