普天間問題の推移を見て思うこと。鳩山さんは首相になるべき人ではなかった。


仮にも日本国の首相をおとしめるような報道は、おかしいと麻生批判を繰り返すマスコミにはあきれていたが、最近の鳩山首相の動向、特に普天間基地に対する対応の仕方を見ていると、マスコミの批判が甘すぎると思う反面、批判する対象にもなり得ない稚拙さに呆れてしまう。

衆院選後のあの意気込みはなんだったのか、一国平和主義ともいえる社民党を取り込むためとはいえ、日本のポリシーを表明するいいきっかけだったのに。まんまと、官僚の落とし穴に陥るあたりが、余りにも幼い。

名護市長選挙で、基地反対派が勝った時点で、米国に「普天間基地はいらない」宣言をし、沖縄の基地排除プランでもつくれば、まだしも、まったく音無の構えで、無為無策に五月末を迎えつつある。

軍事評論家からの聞きかじりで、海兵隊の「抑止力」を語るに至っては、笑うに笑えない。日米同盟そのものが抑止力であって、海兵隊にどんな抑止力が存在するのか、時計の針を一気に逆戻りさせる彼の発言にはびっくりした。

一方、連立を組む社民党は、あたふたのしどうしだ。腹が決まっていないから、どこまで、妥協するか、ぐずぐずするか民主党は、笑っているだろうなぁ。社民党から、平和のスローガンを除いたら、一体何が残るだろう。このまま、閣内不一致のなか、政府内で福島大臣だけが反対を叫んでも、粛々とことが進む。それで、社民党の支持者が黙っているだろうか、沖縄県民が許すだろうか?

急遽、少子化担当大臣であるにもかかわらず、沖縄に飛んで、仲井真知事に反対の意向を伝えるのも筋違い。本当に反対を表明するなら、直ちに閣議を召集させて、白黒はっきりさせるべきだろう。白黒はっきりさせたくないのは社民党、いや福島みずほ氏だと思われても仕方がない。かくも大臣の椅子は、執着の対象となるものかと、あきれかえる。

党利党略、個利個略に終始した8ヶ月の総括をしなければ、この政権とともに、日本が沈んでしまうのではないだろうか。

広告

1件のコメント

カテゴリー: 国際問題

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中