東京ガールズコレクションが盛況だとか。ファッションは日本を救うか。


記者時代に、大阪コレクションの取材を毎年マイドームおおさかで10年ぐらい前までやっていたような気がする。

その頃は、アジアから新進のデザイナーの応募により、表彰したり、ちょっと権威づけに偏ったファッションショーというイメージだった。

ところが、昨日行われた「東京ガールズコレクション」は、まったく違った。

世界のブランドが集い、日本のファッションの発信地。従来のブランドが高価格で年齢層も高かったのにくらべて、

十代、二十代が中心。海外からの関心も高く、日本は「アニメ、ファッション、電化製品、車」のイメージだと、

来日したファッションファンが語っていた。

会場では、携帯電話を使って、その場でファッションショーのアイテムが購入できたり、試供品の頒布もある。

今回、香港から10社ほどが参加し、中国に情報発信されるなど、日本のファッション界の需給バランスは、

大きな変革の時を迎えているのかもしれない。

大量生産時代から少量多品種への移行は、ずいぶん前から叫ばれていたが、

日本の独自感覚を世界のスタンダードとして発信できる機会は、ネット時代にあっては、格段に増えているわけで、

そのようなツールを活かした情報発信力があれば、出番はまだまだあると確信した。

戦陣を切った、アニメ、ファッションに、続いてどんな業界が狼煙を上げるか楽しみだ。

東京ガールズコレクション公式ページ http://gw.tv/tgc/

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中