またまたマニフェスト修正、日米自由貿易協定。一体何のためだったのかわからぬ代物に。


民主党は、政権をとるためなら、マニフェストでさえ、一夜にして修正してしまうチキンであることが判明しました。

そもそも、何らかの意図があって、この日米自由貿易協定も提案したはずなのに、一体なんだったんだろうね。

信念も何もない対応に、正直、脱力しております。

結局、本末転倒で、目的が政権交代になってるから、本来の目的である政策をないがしろにすることになる。

本気で、この政党は、政策決定するたびに、マスコミの世論調査を参考にしそうだと確信しました。

それと、橋下知事がどう思ってるかというのが、政策決定の重要ポイントになりそうですね。

あ~あ。

 Sasayama’s Weblog » 農畜産物除外のFTA協定なんてあるの?

駄文徒然 : FTAとはいかなるものか。

民主党、日米FTA公約を事実上修正 – 農業経営ドットコム – 楽天ブログ(Blog)

日米FTAについて民主党の七転八倒: 極東ブログ

テレビなどのマスメディアは、民主党マニフェストのFTA締結問題を無視し続けていくつもりのようです – 株式日記と経済展望

 

「FTA締結」で記述修正へ=農家の不安考慮-民主公約

8月4日19時1分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫代表は4日午後の記者会見で、衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた米国との自由貿易協定(FTA)締結について「より分かりやすく直すことが必要だ」と述べ、修正する考えを明らかにした。
 民主党はマニフェストに「米国との間でFTAを締結し、貿易・投資の自由化を進める」と明記したが、対象品目や手順など詳細な記述はない。これについて、自民党は「農業を崩壊に招く」と批判し、農業関係者からも影響を懸念する声が上がっている。
 これに対し、鳩山代表ら党幹部は、コメなど重要品目は関税を引き下げないとし、農産物を自由化しても公約に掲げる戸別所得補償で農家の所得は確保できると説明しているが、不安が広がれば衆院選に影響しかねないと判断。こうした主張をマニフェストに加える方向で修正することにした。 

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中