ぐだぐだの民主党マニフェストを批判できないテレビメディア、高速道路無料化をなぜ分析しないのか!


子ども手当は、ぼろぼろウソがばれて、今日の日経でも民主党の試算範囲が限定されていることを指摘していた。

日米自由貿易協定も農産物を除いてしまったら、何の意味があるのかとネットユーザーからの指摘が相次いでいる。

こんな状況にもかかわらず、テレビメディアの突っ込みがあまりにも甘すぎる。もう、放送法違反の域に達してはしまいか。

そのくせ、連合や日本総研など、民主シンパが採点に加わった21世紀臨調の自公政権評価の低得点をあげつらって喜んでいる姿は、日本国民として本当に情けない。

国民に必要な情報を提供せず、世論を誘導し、民主党政権を我欲(日本版FCCの設立)のために登場させようとするなどもってのほかと断じたい。

民主党マニフェストの目玉である高速道路無料化についても、ほとんど狂気ともいえる、この施策についても論評もほとんどない。

財源は?、40兆円もの借財や、毎年2兆円ほどかかる、必要経費は? 一体どうするのだろうか。

民主党に問うべき項目はたくさんあるというのに、ましてや、菅直人が、その財源として、国内保有7000万台への新たな課税を目論んでいることは、本人が吐露しており、

なぜ、この部分を全く論じないのか、怠慢なのか、意図的なのか。ジャーナリストは、真実を伝えるというジャーナリズムの信条をなくしたとき、唯単なる売文屋に成り下がる。

 

以下、多度津併合さんのブログより、

《高速無料化の財源はやっぱり自動車税のアップだ》・・・ – 多度津併合 – 楽天ブログ(Blog)

さて、昨日は、以前菅直人が
「無料化の財源として、1台に年5万円課税でOK」 
と言っていた記事を紹介しましたが・・・
                 ※ こちらも“プチッ”とお願いします→【 にほんブログ村 ブログランキング 】
3年で高速道料金無料化 民主政権なら、と菅代表
 民主党の菅直人代表は22日午後、鳥取県米子市で講演し「民主党が政権を取ったら、3年以内に高速道路を無料化するとマニフェスト(政策綱領)に盛り込みたい。東京や大阪など混雑する所は例外的に有料とするが、地方では無料にした方が経済効果がある」と述べ、次期衆院選の経済対策の目玉公約として高速道路無料化を掲げる考えを示した。
 無料化の財源としては「日本には現在約7000万台の車があり、1台に年5万円課税すれば3兆5000億円になる。料金所も廃止できる」ことなどを挙げた。
 さらに「自由党と連立政権をつくる場合に備え、できれば共通のマニフェストをつくりたい。場合によっては、社民党とも部分的に共通なものをつくりたい」と述べ、マニフェストを野党共闘に活用する意向を示した。
2003/06/22 12:41 【共同通信】
http://s02.megalodon.jp/2009-0723-1237-14/www.47news.jp/CN/200306/CN2003062201000335.html
ということで、上の記事が
「2003年6月22日」
のもので、下に紹介する菅直人の公式サイトでのコメントは
「2003年6月23日」 
のものです・・・
無料化
2003年6月23日 00:00
 昨日、鳥取の山内功代議士の後援会で話した高速道路を3年以内に無料化することをマニフェストに盛り込みたいという私の発言が波紋を広げている。1年以上前に岩国さんから提案され、さらに半年ほど前深く研究している民間人から詳しい提言を受け、政策的に筋がいいので民主党としても検討を進めてきた。
無料化は単に「ただ」にするというメリットだけではない。一つはこれまで通勤などには料金が高すぎて利用できなかった人も利用でき、通勤可能圏が拡大し安くて良好な住まいが可能となる。さらに出入口に料金所が不要になるので地元自治体の判断で出入口を増やせる。現在の日本の高速道路はインターチェンジの間隔が平均13キロだがアメリカ並みに3キロになれば一般道と組み合わせての利用が容易になり、地域の活性化に役立つ。
  問題は約40兆円の道路公団の借金をどう返すか。現在の借金は財投資金で金利は約5%。これを今の市中金利並みの2%程度の資金に借り替え、30年償還する。その財源は車種に応じて年間1万円から10万円程度の定額で負担することが考えられる。
http://www.n-kan.jp/2003/06/post-957.php
ここでは
「その財源は車種に応じて年間1万円から10万円程度の定額で負担することが考えられる。」
とありますね。
でも、今はそれの財源をはっきり提示しなくなっていますね・・・
ここも自民党は
「攻めどころ」 
だと思うんですよね・・・・・・・・・・

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中