民主党マニフェストに異論百出。工程表に基礎年金の増額分が計上されていないとか。


自民党よりも先に民主党が出したマニフェスト。

さぞや、意欲的なものかと思ったが、高速道路無料化と子ども手当など、全く新味なし。

むしろ、教育監視委員会やら日本版FCCによる放送局野放し策など、危険な施策も数多。

たむたむさんのブログで指摘されているように、工程表なるものに予算規模の大きい、基礎年金の増額分が記載されていないという指摘は、そのとおりだと思った。

当初20兆円を超える規模がいつのまにか縮小されて実現度を増したような錯覚を起こさせたが、ただ、用意周到に肝心の部分が隠されているだけかもしれない。

もっといえば、減税措置分や経済不況による減収分を勘案すると、恒常的な予算支出が多い民主党のマニフェストは、埋蔵金頼りになると早ければ2年で底が割れそうで、

サービスを持続するためには、恒常的に赤字国債を発行するということになるのは目に見えている。でなきゃ、消費税増税となる。

 

以下、たむたむさんのブログより

民主党の消えた年金

鳩山 参院選の2007年・民主党マニフストには、主要政策の一番で年金の必要経費6,3兆円がありましたが、今回はその金額が入っておらず「消えた年金」となっています。 
 昨日の民主党のマニフェストについて、年金で、7万円の最低保障年金を実現します、というだけで、いくらかかるか、工程表にはありません。
 前回(2007年)のマニフェストの主要政策の一番が年金基礎部分への消費税全額投入に必要経費6,3兆円(消費税5%の税収13,3兆円ー現在の年金への税金充当額7兆円)とありました。
 その時の主要政策の総額は15,3兆でした。
 それが今回、新たにガソリンの暫定税率引き下げで2,5兆などが入って、総額16、8兆円必要となりました。
 ところが、その中に、何と最も巨額な年金負担が月額7万円(現行は6,6万円)の金額は入ってないのです。
(前回は入っていたのに、7万円にしたら給付は24兆にもなります、それをどうするかの答えが出せないのです)
 今回のマニフェストの16、8兆円でも財源がいい加減なのが、その上に、年金が前回の6,3兆円を上回り、それが加わったら、大変なことになるのです。
 だから、今回のマニフェストでは逃げたのです。明らかにされていません。
 ただ制度設計とありますが、民主党は3年以上たっても具体的な制度設計が明らかにできないのです。それは、政策に無理があるからです。
慶応大学 権丈教授がホームページで
山井和則氏、長妻昭氏が主導する民主党の年金戦略に煩わされている方々へ
とにかく、みなさんの支援者に細野真宏氏の『未納が増えると年金が破綻するって誰が言った?』を、読んでもらうことです。
彼らが、年金を政争の具とするために国民の不安を煽りに煽ってきた一面を理解してもらえると思います。
ちなみに、2005年10月、郵政選挙の直後に、わたくしは次の文章を書いています。
先日も書きましたように、わたくしが今、年金に対して最も大切と考えていることは、次の選挙で、年金を政争の具とした政党が得票率を落とす政治環境をつくることです。
ーと批判しています。
 今回の民主党のマニフェストの最大の問題は財源です。
 慶応大学 権丈教授がホームページ(7月27日)では、
 ちなみに、今日、ある新聞の取材を受ける。
「財源の話を抜きにすれば、民主党のマニフェストはどう思われますか?」
「財源の話を抜きにすれば、共産党は昔からよく勉強していて、彼らの方がいいでしょう」( ̄。 ̄ )ボソ…
「とにかく、マニフェストで一番最初に読むべきところは財源。そこにウソが書いてあったら、その先は読む必要はなし――最近の新聞で読む価値のある記事は、加山雄三の私の履歴書くらいしかないですね。。。」
―とあり、マスコミは、民主党の財源問題を隠そうとしています。

 

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。 

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中