8月30日の総選挙決まる。政策の本格論戦が望まれる。


麻生首相が決断、7月21日解散、8月30日の総選挙が決まった。

都議選の自民惨敗の結果を見ると、背水の陣。

徹底した戦略がなければ、大逆転は望めない。

郵政解散の際は、自民敗北の大方の予想を裏切る展開で、大逆転ができたが、

これまでの政権運営をみていると、麻生首相にそのようなブレーンがいるとも思えない。

麻生首相に期待したのは、強いリーダーシップだった。

吉田首相の孫ということもあり、期待感が大きかった割に、何もできないという烙印はきつかった。

民主党への攻め口はいくらでもあるのに、どれもこれも中途半端、

解散宣言によって、鳩山由紀夫氏への政倫審は、どうなるのか。

選挙前に明確にしておかないと、首相を狙う人間が疑惑を残したままでは、選挙をする意味がなくなる。

 

国民に信を問いたい=「歯食いしばり頑張る」-麻生首相

7月13日20時2分配信 時事通信

 麻生太郎首相は13日夜、首相官邸で記者団に対し。衆院を21日にも解散し、8月30日に衆院選を実施する日程で与党幹部と合意したことについて「2009年度当初予算、補正予算、重要法案を成立させた。ここで国民に信を問いたい」と説明した。
 首相は「どの党が国民の生活、日本を守るのかが争点だ」と指摘。その上で、「民主党は政権交代と言っているが、政策も財源も示していない。国民不在の党利党略以外の何物でもない」と批判した。
 一方、東京都議選の敗因に関しては「自民党やわたしに対する批判がある」と認めた。しかし、「だからといって直ちに辞職して投げ出す無責任な態度は取るべきでない。歯を食いしばっても頑張らなければいけない」と述べ、自発的な辞任を求める党内の声に反論した。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中