故人献金で秘書切っただけで、任命責任には言及せず。早々の幕引きでいいのか!民主党。


何とも情けない話だ。

自己資金を後援者からの寄付金のように見せかけて、さも人気者を装うとは。

秘書が考えた工作ということになっているが、その秘書の弁明はなく、解任してしまった。

しっかり秘書の証言を聞かないことには、国民は納得しない。

鳩山由紀夫も小沢一郎と同じ穴の狢だったことが露呈した。

不人気合戦の様相を呈してきた自・民対決だが、重要法案をしっかり通すことが大事で、それが国会議員の役割。

マスコミに乗せられたり、臓器移植法案を廃案にしてしまうようなことがあっては、国会の責任放棄と言わざるを得ない。

足の引っ張り合いでなく、しっかり日本の進路を議論できる国会に戻すことが大切だ。

東国原、橋下知事がまともに見えるのは、国民の感覚がそうであることを、国を司る議員はよく考えるべきだろう。

しかして、その国民を愚弄してきた民主党・鳩山由紀夫氏の罪は大きいのであって、虚偽記載は立派な違法行為であり、鳩山事務所だけの問題では済まされない。

まして、説明責任や真相解明がないままで、選挙なぞ出来るわけがない。

 

FNNニュースより

「故人」献金問題 民主・鳩山代表、「説明責任果たした?」の質問に「そう思う」

「故人」献金問題について謝罪した民主党の鳩山代表は1日午後、説明責任は果たしたと思うと述べた。
民主党の鳩山代表は1日、アフリカの学校給食を支援する超党派議連に出席した。
鳩山代表は「党派なんてものは関係ありませんので」と述べた。
しかし鳩山代表は、周りを自民党議員に囲まれ、気まずそうにご飯を食べていた。
1 日午前、自民党の細田幹事長は「鳩山代表の献金問題が、調べれば調べるほど根が深い。追及すべきであると」と述べ、管選対副委員長は「民主党という政党は、しがらみがないとかきれいごとを言っているけど、実態は、この小沢さんの問題、今回の鳩山さんの今回の問題に表れている。実態はそういう政党だと思います」と述べた。
迂回(うかい)献金疑惑で代表を辞任した小沢氏に代わり、民主党の顔になった鳩山代表だが、今度は死亡した人からの「故人」献金疑惑。
この問題について、鳩山代表は6月30日、「心からおわび申し上げたいと思います。ご指摘は基本的に事実でございました。秘書を信頼していたことが、かえってマイナスとなってしまった」と謝罪した。
資金管理団体の収支報告書には、4年間にわたり、死亡した人や実際には献金していない人などからの記載があった。
その額はおよそ2,200万円で、人数は90人近くにものぼった。
その1人、2006年に10万円を寄付したと記載された人は「寝耳に水やし、10万円だしびっくりした。うそやということです」と語った。
自民党が追及プロジェクトチームを立ち上げるなど、鳩山代表の効果が一転し、民主党に再び暗雲が立ちこめている。
民主党の川内博史議員は1日午後、「影響がないとも思わない」と述べ、小宮山 洋子議員は「ノーコメント。カメラには答えない」と述べた。
一方で、鳩山代表は1日午後、「(説明責任は果たしたと思う?)私はそのように思っております」と述べた。

(07/01 18:43)

 

 

 

広告

コメントする

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中