松岡氏を何とか還元水で自殺に追い込んでおきながら、2億円にも及ぶ政治資金の使い道を明らかにしないのはやっぱりおかしい。


西松建設の公判が始まって、ようやく、小沢一郎のヤミにメスが入りそうなのだが、

メディア、特にテレビメディアのへっぴり腰は、いただけない。

真剣に追求する姿勢は見られず、民主党政権が出来るまで不問に付すのだろうか。

一方、民主党からけんかを売られた検察は、メンツにかけても「天の声」を立件するだろう。

そうでなければ、検察の敗北になってしまう。

コメントもなく、代表を辞任したことで、みそぎにしたい民主党。

これから、大仕事をすると息巻いている政党が、そんなアキレス腱を抱えて、政治ができるとは思えない。

まして、故松岡氏をはじめ政治資金の使い道をあれだけ追求してきた民主党が、小沢氏の西松からの2億とも3億とも言われる政治資金の使途をあいまいにしていていいのだろうか。

松岡氏は命まで絶ったというのに、

小沢一郎の説明責任は未だに果たされていないのだ。

第三者機関と称する報告は、大本営発表。民主党政権ができたら、指揮権発動で、検察を牛耳るらしいことが解っただけでも十分恐怖に値する内容だったが、

不動産疑惑に、自由党時代の政党助成金の行方など、指摘されている問題には、何のソリューションも提供されていない。

窮鼠猫を噛む。追い詰められた(でも本当に追い詰められているのか私は未だに疑問だが)自民党だって、似たような問題があるにせよ、攻撃こそ最大の防御であることを、そろそろ知るべきだ。

このままでは、小沢支配の恐怖政治がまかり通る暗黒の時代になる前に、徹底的な民主党攻撃に乗り出すべきではないだろうか。

マルチ、郵便不正、小沢不動産、石井一、山岡、牧、拉致問題、テロ特措法、日米同盟、ヤミ専従問題等々、こんなに材料があるのに、

行儀のいい与党をいつまでやっているのか自民党。実は追い詰められているのは民主党なんだけどね。

真に国民のためを思うなら、野合政党民主党と正面切って闘う姿勢を示すべきではないだろうか。

それには優秀な参謀が必要だが、残念ながら見あたらない。

 

以下、共同通信

西松事件追及強める自民  民主はノーコメント

 西松建設事件の初公判で検察側が指摘した民主党の小沢一郎代表代行側による公共工事への「天の声」問題。自民党はここぞとばかり追及姿勢を強めるが、小沢氏自身は口を閉ざし、民主党幹部も「党としてコメントしない」(岡田克也幹事長)と歩調をそろえる。衆院選への影響を最小限に食い止めるため、“だんまり戦術”を支えている。

 「国民生活を無視した政治を変え、政権交代の夏にしなくてはいけない」。21日午後、宇都宮市で開かれた民主党参院幹部のパーティー。小沢氏が19日の初公判以来初めて公の場で発言するとあって、報道陣が多数詰め掛けた。だが小沢氏は民主党のPRと麻生政権批判に終始。「天の声」には一切触れないまま、会場を後にした。

 民主党の勢いをそぎたい自民党は、安倍晋三元首相がテレビ番組で「小沢氏は党のナンバー2だ。コメントする必要がある」と批判。菅義偉選対副委員長も宮城県東松島市で小沢氏を国会に参考人招致すべきだ表明した。

 代表辞任前は小沢氏に厳しい姿勢をとってきた民主党の蓮舫参院議員もテレビ番組で「小沢氏は代表を辞めて政治責任を取った」と擁護論を展開。

 鳩山由紀夫代表は秋田市での集会で、「天の声」には全く触れず、政権批判を展開。岡田氏も茨城県笠間市の講演で、自民党内の総裁選前倒し論に触れ「自民党には政権担当能力はない」と言い切るなど、「政権交代」を前面に押し出して乗り切る構えだ。

2009/06/21 20:09 【共同通信】

広告

1件のコメント

カテゴリー: ニュースと政治

松岡氏を何とか還元水で自殺に追い込んでおきながら、2億円にも及ぶ政治資金の使い道を明らかにしないのはやっぱりおかしい。」への1件のフィードバック

  1. 正恵

    小沢のふてぶてしさとマスコミの及び腰を見ていると、松岡大臣の死って何だったんだろうって思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中