CIAの手先、デーブ・スペクター。なかなか笑えたそこまで言って委員会。


日曜日に録画した「たかじんのそこまで言って委員会」の特別企画が笑えた。

最初は、民主党の藤田幸久氏の「9.11陰謀説」。

これに食いついたのがデーブ・スペクターで、いつものウィットは皆無。

こんな人格だったのかと疑うぐらいの噛みつきようで、びっくりした。

それも、藤田氏に対して、頭が悪いと認めよという、ずいぶんな傲慢さ。

米国人無謬論みたいな感じで、ゲゲッ。

もちろん、藤田氏の指摘はごもっともな点も多く、疑問点を解明する責任は、米国側であることも当然なのだ。

藤田氏は、だれがどのように陰謀を図っているとは言っておらず、米国政府の自作自演とか、テロ隠蔽説など、

断言できないことは断言していない。ただ、一点、何故解明しないのか、おかしいねと言っているだけ。

それなのに、デーブ・スペクターは、何故にあれほどまでに吠えていたのか、全く不思議なのだ。

テレビ写りを気にしてか、この番組の空気を読んだのか、元外交官・天木氏の日本にはCIA工作員がうじゃうじゃいるという陰謀説には、ソフトに接していた。

まぁ、藤田氏とのやりとりで、勝谷誠彦氏からこの人CIAだわ、とデーブを指さしたことが笑いを誘って、事なきを得たという感じですね。

それにしても、あまりにも感情的なデーブ・スペクターって変。

この日のデーブは、サンジャポでだじゃれを言って滑りまくるあのおもしろみが一切なかった。

案外、こちらの傲慢デーブがホンモノかもしれません。

 

 

番組の冒頭部分のみの紹介。残念ながら削除されております。

 

 

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中