GM国有化。ビッグワンにはできない米国のジレンマ。


米国がGMの破綻処理ならぬ、再建に向けた国有化の判断をした。

確かに、不良債権が幅広く世界に広がることは防ぐべきだが、それにしても、一メーカーに過ぎないGM。

米国には、日本企業、韓国企業、ヨーロッパの自動車メーカーもあり、20年前のようにビッグスリーが米国を支えている状況ではない。

労働人口のわずか数%に過ぎない、企業のために湯水のごとくカネを費やすことが本当に、得策だったのだろうか。

米国のなかで、やはりビッグスリーというのは、存在価値としてはやっぱり外せないものがあるのだろう。

ビッグスリーは、ビッグワンにしてはいけないという、米国人の叫びが聞こえてくる。

 

 

毎日新聞

GM:破産法を申請 負債16.4兆円 米加で「国有化」

GMの破産法申請後の流れ

GMの破産法申請後の流れ

 【ワシントン斉藤信宏】経営危機に陥っていた米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)は1日午前(日本時間同日夜)、ニューヨーク市の破産裁判所に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。GMの資産規模(08年末)は910億ドル(約8兆6500億円)で、米メディアによると負債総額は1728億ドル(約16兆4000億円)。米企業では過去4番目、製造業では過去最大の破綻(はたん)となった。不採算事業を分離した新生GMは優良資産を引き継ぎ、米・カナダ両政府が計396億ドル(約3兆8000億円)の追加支援を実施する。代わりに米政府が60%、カナダ政府が12%の株式を取得し、GMを一時国有化。6~18カ月で再上場を目指す。

 クライスラーも4月末に同11条適用を申請しており、昨秋以降深刻化した米大手自動車3社(ビッグ3)経営危機問題は、フォードを除く2社が破綻する歴史的な転換点を迎えた。GMは今後、破産裁判所の管理下で事業を継続しながら、再建計画を策定する。米工場の従業員を10年までに35%減の4万人に減らし、工場数も47から33に削減することなどが柱。米政府とGMは今後、60~90日で破産手続きを終え、早期再建への道筋を付けたい考え。しかし、米経済の象徴でもあったGMの破綻で米実体経済への打撃は避けられないほか、クライスラーに比べて企業規模がはるかに大きいGMの再建は難航も予想され、動向次第では日本も含めた世界経済にも悪影響が及ぶ懸念がある。

 米政府は再建に向けて巨額債務の足かせを外すには破産法11条の活用は不可避と見て、これまで債権者や全米自動車労組(UAW)への事前調整を進めてきた。その結果、5月29日には労務費削減でUAWと合意、また、難航した債務削減交渉でも最大25%の新生GM株を提供することで金額ベースで社債保有者の5割以上の同意が得られたため、破産法申請に踏み切った。新生GMは販売ブランドを「シボレー」など四つに集約、年間の新車販売台数で500万~600万台程度と規模を従来の6割程度に縮小して、再建を目指す。

 GMは拡大路線と販売不振で債務を膨張させ、09年1~3月期(59億7500万ドルの最終赤字)まで7四半期連続の赤字を計上。累計の赤字総額は約821億ドルにも上った。金融危機後は米政府・議会に資金支援を要請。これに対し、オバマ政権は今年3月末、リストラに消極的だったワゴナー会長(当時)を辞任させたうえ、大幅な債務削減と、労務費圧縮などを盛り込んだ再建策を6月1日までに提出するよう求めていた。

 【ことば】▽ゼネラル・モーターズ(GM)▽ 1908年設立で、ミシガン州デトロイトに本拠を置く世界を代表する自動車メーカー。高級車「キャデラック」や大衆車「シボレー」などのブランドを展開。積極的な買収戦略で規模を拡大し、31年から08年にトヨタ自動車に抜かれるまでの77年間、新車販売台数世界一を誇った。08年の世界販売台数は835万台。北米だけで47工場を展開し、従業員数は約24万3000人。米大手自動車3社(ビッグ3)の筆頭として80年代前半から90年代にかけての日米自動車摩擦で日本車批判の急先鋒(せんぽう)となった。

 【ことば】▽米連邦破産法11条▽ 経営不振に陥った企業の再建手続きを定めた条項。破産裁判所に適用を申請すれば債務の取り立てが止まり、企業は現経営陣が事業を続けながら再建計画を策定できる。債権者の投票で投票者数の過半数、金額ベースで3分の2超の同意を得て、裁判所が再建計画を認可すれば手続きが完了する。あらかじめ主要関係者の同意を取り付けた上で破産法を申請する「事前調整型破綻」の場合は、より短期間で手続きが完了する可能性が高い。ただし、再建計画が債権者の投票で否決された場合、清算手続きを定めた破産法7条に移行する。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中