非難中傷の嵐のなか、スーザン・ボイルは2位に。パパラッチや妬みのなか最後まで歌いきって。


先日、スーザン・ボイルさんの決勝進出のブログを書いたあと、かなり緊張していたから大丈夫だろうかと思った。

youtubeで動画が流れて意向の人気と比例するように、パパラッチの過激な行動ややっかみ、非難と私生活がかなり乱されたようで、

本当に気の毒な状態だったようだ。

イギリスのメディアも日本同様、のぞき見趣味と知る権利の誤解がここまでひどい状況なのだということがよく分かった。

それにしても、決勝を棄権するのではと憶測を呼ぶぐらい神経的に追い詰められていたことを跳ね返し、

決勝戦に望めただけでも賞賛に値するが、2位になったことは、やはり実力。

ダンスグループのダイバーシティが女王陛下の前で、演技を披露することになった瞬間、すべてから解放されて拍手を送っているスーザン・ボイルさんは、本当にホッとしたことだろう。

48歳の健闘、夢を与えてくれたことに心から感謝したい。

 

注目の48歳ボイルさん優勝逃す  英オーディション番組決勝

 【ロンドン31日共同】歌やダンスを競う英テレビの人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」の決勝戦が30日夜に行われ、動画投稿サイトで人気に火が付き世界的な大反響を巻き起こしていたスーザン・ボイルさん(48)が惜しくも優勝を逃し、2位となった。

 スーザンさんはスコットランドに住む無職の独身女性。番組出演後、驚異的な歌唱力とスターとは程遠い地味な雰囲気とのギャップから動画投稿サイト「ユーチューブ」で人気が沸騰。連日、英メディアで取り上げられるなど、一躍時の人となり、決勝の結果に注目が集まっていた。

 10組が出場した決勝で、スーザンさんは人気が出るきっかけとなったミュージカル「レ・ミゼラブル」の挿入歌「夢やぶれて」を再び歌ったが、視聴者による投票の結果、ストリートダンスのグループに及ばなかった。

 優勝者には賞金10万ポンド(約1540万円)と、エリザベス英女王の前でパフォーマンスする権利が与えられる。

 スーザンさんは結果発表の直前は硬い表情だったが、2位と分かった瞬間、緊張感から解放されたかのように笑顔を見せ、優勝したグループをたたえた。

 

スーザン・ボイル、決勝を棄権か – 中傷と重圧に押しつぶされる

2009/05/29

決勝への出場が危ぶまれているスーザン・ボイル

イギリスのオーディション番組「Britains Got Talent 2009」に出場し、一躍世界的な注目を集めるシンガーとなった48歳のスーザン・ボイル。英国時間30日夜には決勝戦が行われるが、肝心のスーザンが棄権してしまうかもしれない。

初登場した時のパフォーマンスがYouTubeにアップロードされ、英国のみならず世界中で絶賛されたことでメディアの注目度も爆発的に高まり、パパラッチが始終彼女の周りをうろつくようになってしまった。賞賛の声が寄せられる一方で、心ない中傷やプライバシーを土足で荒らされることも多くなったスーザン。寝起きのパジャマ姿を世界中に配信されたこともあった。

短期間の間にスターダムへのし上がるという、まさにシンデレラ・ストーリーを地で行く彼女に対して浴びせられた中傷は、「つけ上がっている」「ごう慢だ」「甘やかされている」などなど。

27日にはロンドン市内のホテルで他の宿泊客に暴言を吐き、警官が出動する騒ぎとなったという。「How f**ing dare you! You can’t f**ing talk to me like that! (この恥知らず! よくもそんな口がきけるわね!)」と激しい口調で男性2人を非難したそうだが、そもそもはこの2人がスーザンに嫌がらせのような野次を飛ばしたことが発端だとか。

審査員の1人、ピアース・モーガンは次のように話している。「彼女は繰り返し涙を浮かべていたよ。帰り支度まで始めてしまっていた。とてつもないプレッシャーに押しつぶされそうになっているんだ」。

ミュージカル「キャッツ」の「Memory」を歌った準決勝のステージはこちらから視聴できる。

HD/HQ Susan Boyle – Memory from Cats – Britains Got Talent 2009 Semi Final Show 1 Season 3

この時は、司会に「プレッシャーは感じてる?」と訊かれ、「なんのこと? 私は一瞬一瞬を楽しんでるわ」と笑って返していたのだが……。

モーガンはネットやテレビ、ラジオは無視して決勝のパフォーマンスに集中するように、とアドバイスを授けたそうだが、放送までにスーザンの精神状態が回復することを願いたい。

 

「48歳の歌姫」ボイルさん、疲労で入院 英紙報道

2009年6月1日21時20分

印刷印刷用画面を開く

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:入院したと報じられた歌手スーザン・ボイルさん(今年5月24日撮影)=AP入院したと報じられた歌手スーザン・ボイルさん(今年5月24日撮影)=AP

 【ロンドン=土佐茂生】1日付の英大衆紙サンは、英国のオーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」への出演で世界的に有名になった歌手スーザン・ボイルさん(48)が31日夕、疲労などのためロンドン市内の病院に入院したと報じた。ボイルさんは30日夜の番組の決勝で惜しくも2位に終わっていた。

 サンなどによると、ボイルさんは滞在中のロンドンのホテルで混乱するなど様子がおかしくなったため、番組スタッフが通報。救急車で病院に運ばれたという。

 ボイルさんは4月に同番組に出演して見事な歌声を披露すると、その様子がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で流れ、世界中で反響を呼んだ。30日の決勝もボイルさん人気で1800万人以上が視聴した。こうした人気から連日のように世界中のメディアがスコットランドの自宅に押しかけたり、プレッシャーから取り乱す様子を批判的に報じられたりしたため、大きなストレスを感じていたという。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: エンターテイメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中