敵前逃亡の癖はなかなか治らない。小沢代表に振り回される民主党の憐れ。


今日の国会中継を見ていて、非常に残念。

民主党の質疑が判で押したようにいちゃもんつけと勉強不足に彩られていたからだ。

財源を示せないマニフェストを開き直る前原副代表に、子育て応援特別手当の根拠を執拗に追求する西村議員。

なんとも、これが次の政権を目指す民主党の姿かと思うとぞっとした。

今は、世界恐慌が起きているという自覚がまったくない。

政府与党案を大盤振る舞いといった手前、さらなる追加措置には言及できず、税制改革が必要なハズの民主党の子ども手当も全面に出せない始末。

与謝野さんから5兆円ほどの財源が必要といったとたんに、西村議員の顔は曇った。

自党のマニフェストでさえ、何年かかっても裏付けがないのに、よくもまぁ、勉強不足の西村議員は攻められたものだね。

前原氏も医師不足問題を取り上げていたけど、公立病院を野放図に存続させたら、医師不足病院が増えるだけで、どこに行っても中途半端な治療しか受けられなくなる。

絶対数が足りないうえに、安易に開業する医師が増えているからだ。

そういった医療業界のプラマイを語らず、政府を一方的に攻めるだけで、結局対案はなし。

インドや中国からでも医師を招聘するとかいうなら別だが、せっかく自民党から奪い取った医師会の信頼を崩すわけにもいかないものね。

一地方議員が見ても、民主の国会論戦なぞ、何のおもしろみもない。

ひっかけもなければ、ひねりもない。麻生首相のちょっとした失言を責め立てるしか脳がないとしかいいようがない。

世も末だ。

それもそのはず、民主党党内は今、バラバラ状態。小沢不審が蔓延。

あの敵前逃亡、雲隠れ病は、未だ治っていないようで、どこのどなただったろうか「小沢さんは変わった」とおっしゃったのは、60過ぎて変わるわけがない。

その言を吐いた方が一番苦労しているのではないだろうか。

FNNニュース: 補正予算案が本格的に…

youtubeで「民主党」で検索すると出るわ出るわ。YouTube – 民主党

朝日新聞、産経新聞、時事通信

小沢代表が雲隠れ、怪情報… 民主党内振り回されたGW(1/2ページ)

2009年5月7日21時58分

印刷印刷用画面を開く

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:小沢民主党代表=09年4月28日、記者会見で小沢民主党代表=09年4月28日、記者会見で

 大型連休明けには動き出すと見られていた小沢民主党代表の進退について、同党議員らの間に疑心暗鬼が生じている。続投意欲を示してきた小沢氏は、連休中の会合を欠席して「雲隠れ」し、怪情報に幹部らが翻弄(ほんろう)された。ぬかるみから脱せないまま、党内には重苦しい空気が充満している。

 小沢氏は7日夕、鈴木宗男・新党大地代表と東京都内の個人事務所で会った。小沢氏の代表続投を強く支持する鈴木氏は、政治資金問題について助言したという。

 だが、大型連休から7日にかけて、民主党の中堅幹部が「雲隠れという昔の病気が再発したのか」といぶかるような事態が相次いだ。

 西松建設事件を受けて党が設けた有識者会議。7日に予定された小沢氏と鳩山由紀夫幹事長からの意見聴取が急きょ中止になった。同会議は「不正確な報道」を理由に挙げたが、混乱は否めない。「説明責任」を果たす機会はまたも先送りになった。

 長野県軽井沢町で6日夜にあった鳩山由紀夫幹事長のグループの懇親会。小沢氏の日程を考慮し、小沢氏支持議員や輿石東参院議員会長らとともに結束を固めようとしたが、小沢氏は欠席した。

 「なんで小沢代表はこういう時に来ないのか」。憤る参加議員からは「(小沢代表を)チェンジだ。チェンジ」「鳩山、菅(直人代表代行)で(小沢氏に辞任を求めて)決着をつけるしかない」という声が漏れだした。メンツをつぶされた格好の鳩山氏は「(欠席)理由はよくわからないが、こういう(進退が注目される)状況だから遠慮されたのでは」と釈明した。

 疑心暗鬼は広がるばかり。大型連休中に、こんな怪情報が飛び交った。「小沢氏が5日に緊急記者会見をし、重大決断を発表する」――。小沢氏の秘書役である奥村展三・役員室長はあわてて上京したが、結局は空騒ぎだった。

いつ決着するのかもわからない小沢氏の「進退政局」。鳩山氏の会合に参加したある議員は、現状をこう例えた。「何なんだろう、このモヤモヤした感じは……。まさに『雨宿り状態』だ」

 小沢氏は先月29日のメーデー中央大会で「衆院選に勝利し政権交代を実現する。身の果てるまであらゆる障害を乗り越え、使命を達成する」と戦う姿勢を鮮明にした。しかしその後の行動は、党内を振り回すばかりだ。

 民主党は1日、麻生首相との党首討論を13日に開くよう与党に提案。2日に鳩山氏が小沢氏と会い、党首討論を受けるよう促したところ、小沢氏は前向きだったという。

 しかし、提案段階では「反転攻勢に出るつもりだ」と評していた若手議員も、連休が明けたとたん、こんな懸念をのぞかせた。「党首討論で勝てばいいが、党首討論がいやで(13日までに)辞める可能性もあるのではないか」

 小沢氏は13日の夕方から長野県飯田市でのパーティー出席を約束している。党首討論は本会議、予算委員会などの審議に首相が出席する週は開催しないという与野党の申し合わせがある。与野党は13日に討論を開く方向で調整に入ったが、そもそもこの週の討論は駆け引きの末に流れることを見越して与党側に提案したのではないか、との疑念も民主党内にはくすぶる。

 連休前には辞任・続投両派がさや当てを演じた。小沢氏の辞任を求める連判状の動きが発覚する一方、旧民社系の山根隆治参院議員が小沢氏の続投支持を訴えた手紙を党内に配布。小沢氏側近議員が「情報提供を」との手紙を記者クラブにファクスした。

 7日夜、小沢氏と距離を置く前原誠司前代表らが参加するグループ「凌雲会」が会合を開いた。ある幹部からは「このまま待つのか、行動を起こすのか。どちらのリスクをとるのかは我々次第だ」という意見が出たという。

 鳩山氏が6日、「どういう状況になろうとも結束を乱さないことが大事。執行部にお任せを願いたい」と語ったように、執行部は党分裂回避に神経をとがらせるばかりだ。

 

民主・前原氏らが会合「小沢代表では衆院選戦えない」相次ぐ

2009.5.8 00:02

 民主党の小沢一郎代表に距離を置く前原誠司副代表らのグループが7日夜、都内で会合を開き「このままでは次期衆院選は戦えない」と、小沢氏の代表続投に批判的な意見が相次いだ。

 会合には仙谷由人、枝野幸男両元政調会長渡辺周小宮山洋子衆院議員ら同党所属の国会議員20人余りと次期衆院選の候補者ら計約30人が参加。出席者からは「代表はしっかりけじめをつけるべきだ」と早期辞任を求める声も出た。

 ただ今後、グループとしてどう行動するかについては話し合わなかったという。出席者の1人は会合後「きょうは皆の思いを話すのが目的で、意思決定する場ではない」と述べた。

民主・前原グループが会合

 民主党の前原誠司副代表を中心とする党内グループが7日夜、都内のホテルで会合を開き、小沢一郎代表の進退問題をめぐって意見交換した。出席者からは「小沢氏は代表を辞めない可能性がある」との見方や、「このまま(小沢氏の判断を)待つか、(辞任を求めて)行動するかはわれわれ次第だ。待つリスクも行動するリスクもある」などの意見が出された。 
 会合には、枝野幸男、仙谷由人両元政調会長ら20人余りが出席した。(2009/05/08-00:17)

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

1件のコメント

カテゴリー: ニュースと政治

敵前逃亡の癖はなかなか治らない。小沢代表に振り回される民主党の憐れ。」への1件のフィードバック

  1. 正恵

    こんばんは。ニュースZEROでちらっと見ただけですが、民主党・細野豪志が「こんないい加減な予算を組んでおいて恥ずかしいと思いませんか?!」って麻生総理を恫喝してました。不倫男が国会でしゃあしゃあと答弁してること自体、私は気分悪いです。こういう男を平気で出してくる神経がわからない。だから民主党は女性からの支持が低いんじゃないですかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中