麻生総理が外交手腕を発揮、停滞気味の欧州が始動すれば景気回復の道筋が拓かれる


麻生総理が元気がいい。

得意の外交を生かして、沈滞気味の政局論争を尻目に、ポイントを着々と稼いでいる。

まぁ、日本のマスコミはほとんど報じませんが、このところの麻生外交は、社民党あたりからお褒めの言葉をいただいてもいいぐらいで、

果たして、国連盲信主義の小沢一郎率いる民主党についていって本当にいいのと心配しております。

以前、ブログでも紹介したが、パレスチナ問題でも実は、一石を投じ続けているし、核廃絶についても、米露中という核大国を尻目に、

独自のポリシーで、麻生太郎という男は動き続けてきた。

イデオロギーの中で、平和をゆがめてきた、これまでの革新勢力とは一線を画した、現実的で実行力のある対応をしてきたにも関わらず、日本のマスコミはほとんど報じていない。

ヨーロッパ各国は、今回の経済危機については、公的資金を投入することにかなり後ろ向きで、あのアイスランドは、EUに加盟していないロシアや日本のIMFへの拠出金によって助けられたくらいだ。

自由競争主義の米国でさえ、公的資金をジャブジャブ使わざるを得ない状況に世界経済はあるし、さらに、これを機にオバマ政権がグリーンニューディールを打ち出して、経済危機と環境問題をリンクさせたことへの意義をわかっていないというか、これまで、着実に欧州は取り組んできたという自負心が邪魔をしているのではないかとさえ思う。

日本と欧州が積極果敢に環境問題に取り組んできたのだから、さらに、リーダーシップを発揮しようというメッセージは大切ではないだろうか。

 

以下、日本経済新聞、毎日新聞

「日欧が結束すれば壁崩せる」 麻生首相、ベルリンで講演

 【ベルリン=山内菜穂子】麻生太郎首相は5日、ベルリン市内のフンボルト大で日欧協力をテーマに講演した。金融・経済危機や地球温暖化問題、核軍縮などを世界が直面する「大きな挑戦」と位置づけた上で、その解決に向けて日欧のパートナーシップが不可欠と強調。「日本と欧州が結束すれば、必ず壁を打ち崩せる」と訴えた。

 地球温暖化問題では、ポスト京都議定書の枠組みにすべての主要排出国を取り込むことが「日欧共通の大目標」と指摘。新たな枠組みは「各国の責任と能力にふさわしい公平な目標を掲げたものでなければならない」と語り、環境を柱とする経済成長によって「低炭素社会」を実現するよう協力を呼びかけた。(05日 20:20)

 

麻生首相:ベルリン・フンボルト大学での演説要旨

 【ベルリン田中成之】麻生太郎首相が5日午前(日本時間同日午後)、ベルリンで行ったスピーチの要旨は次の通り。

 世界は四つの大きな挑戦を受けている。(1)金融・経済危機(2)気候変動(3)テロとの闘い(4)核軍縮と大量破壊兵器の不拡散だ。

 90年代の金融危機は大規模な財政出動しか処方せんはなかった。この経験を生かし、今回の危機では財政の持続可能性に配慮しつつ、約1200億ドルの出動を行い、新たに約1500億ドルを実施に移す。今後、日欧は意思疎通を密にし、適切なマクロ経済政策の運営をする必要がある。

 ポスト京都(議定書)の枠組みに主要排出国を取り込むのが日欧の目標。新たな枠組みは、各国の責任と能力にふさわしい、公平な目標を掲げたものであるべきだ。野心の高さを競い合う「美人コンテスト」に陥るべきでない。接点を探る真剣な話し合いを日欧でリードしたい。

 アフガニスタンの問題はアフガンだけで解決するものではない。中央アジアからアフガン、パキスタンを経由し、アラビア海に出る「南北の物流路」整備が重要ではないか。

 オバマ米大統領がプラハで核兵器のない世界に進む方向を力強く示し、かつてない核軍縮の機運が生まれている。北東アジアでは北朝鮮の核・ミサイル開発が進み、中国の国防費は20年連続して前年比2けたの伸びを示し、内容も透明性を欠く。(核軍縮の)歴史的なチャンスを欧州と一緒につかみたい。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中