政治学習の機会は多ければ多いほどいい。青年局の取り組みに喜びの声。


先週の土曜日に行った「ポリティカル・スタディー・フォー・ユース(第二回青年党員政治学習会)」のアンケートがまとまったので、見せていただいた。

涙が出るほど好評で、あと続けていくのが怖いくらい。

こんなに喜んでもらえるとは、正直思ってもみなかったので、本当にうれしい。

立案段階から、多数の青年党員の皆さんにかかわっていただいただけに、ますます充実しなければと、思いを巡らせております。

来月は、白浜府本部代表と、山本かなえ参議院議員に出席していただく予定です。

 

若者の声を国政に

公明新聞:2009年4月19日

image

佐藤氏、浮島さん出席
青年局が政治学習会
党大阪府本部

「若者の声を政治に」と訴える佐藤氏と浮島さん(手前左)=18日 関西公明会館

 公明党大阪府本部青年局(辻義隆局長=大阪市議)は18日、大阪市西区の関西公明会館で「ポリティカル・スタディー・フォー・ユース」(青年党員政治学習会)を開催した。佐藤茂樹衆院議員(衆院選予定候補=比例近畿ブロック)、浮島智子参院議員が出席した。

 学習会で佐藤氏は「若い人の声を政治・行政に届ける政党でありたい」と述べ、公明党が若者に焦点を当てた青年街頭演説会や地域ミーティングを重ねてきたことを強調した。

 また、公明党が経済対策に取り組み、定額給付金や高速料金の引き下げ、雇用調整助成金の拡充などを実現させたと力説。政府・与党が10日に決定した新経済対策(経済危機対策)に盛り込まれた環境政策や雇用対策に言及し、「早期実現をめざす」と語った。

 浮島さんは、「スピード感を持って政策立案するのが公明党」とし、妊婦健診の公費助成拡充や子育て応援特別手当、女性特有のがん対策を紹介した。

 なお同府本部学生局の懇談会も行われ、就職活動支援策などについて意見を交換した。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中