明後日から市政改革特別委員会。次のステップへ改革はどう進めるか。


明後日、市政改革特別委員会が開催される。

テーマは、多岐にわたるものの、これまでの検証を踏まえて、どうステップアップするか、方向性を決めないといけない。

小泉竹中改革路線に沿った形で、行政のムダ、総人件費の圧縮、官から民への流れといった具合に改革を進め、それなりの成果は上げてきた。

どちらというと超節約路線で進めてきた結果は実りつつある。まるで、日産のゴーンのようにね。

ただ、都市経営というは、カットカットの連続では成り立たない。

どう+αを生み出していくか、そこにこそ手腕が発揮されるべきもので、カットだけなら、経営コンサルタントだってできる話で、

大阪市も上山信一氏という影のプロデューサーが居て、行革を成し遂げた部分も多い。

しかしながら、大阪の経済は疲弊したままで、新しい道筋が見えないなかで、この改革路線だけでは、あまりにもしんどく、街の活性化は望めない。

さて、その+αをどう生み出すか、ここにこそ、政治家の役割があるのではなかろうかと思いながら、さてどうしたものかと考えあぐねる。

行政改革の見本はあっても、まちおこしの事例は地方都市に限られており、実例がない。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中