きっこのブログが国策捜査だという白山会問題。牧議員秘書の所行を見てもまだおっしゃるの?社民党支持者なら黙ってりゃいいのにね。


小沢の弁解に必死の社民党支持者 きっこのブログ。http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/04/post-3377.html

ベスト電器問題を国策捜査だと息巻いて、森田健作批判や定額給付金批判ばかり繰り返す姿を見ていると、ものの哀れを感じずにはいられない今日この頃いかがお過ごしですか。

石原都知事とはいろいろあって、正体不明でよく乗り切れたなぁとは、思うけど、トラウマがあるのでしょうか、東京オリンピック問題では、麻生首相の発言をターゲットにする及び腰には恐れ入ります。http://www.j-cast.com/2007/03/28006465.html

姉歯事件の時は、ずいぶんかっこいいと思われていたみたいだけど、最近核心をついた記事がなくなったのは、執筆者が変わったからなのかもしれないと勘ぐっております。

それにしても、陸山会に続いて、白山会。昔は越山会なんてのもあったけど、まぁ、似たような名前は気をつけないといらぬ疑いをかけられそうで、迷惑な話です。

きっこ姉さん、最新のブログでは、野党系候補が勝った勝ったと騒いでいるけど、本当に地方政治がわかっているなら、マスコミのこの「ものさし」自体がおかしいことに気づいても良さそうなものだがね。民主党中央のバカな方針のおかげで、自前の首長が誕生したら、どうなるか、一瞬の喜びにわく、民主党・社民党議員の悲哀と絶望を考えると、反対に、お気の毒でしようがない。http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/04/post-a397.html

議会運営上、民主党は、ほとんどの市町村で、すでに与党、つまり、自公民路線で、やってきたわけで、中央の支持がうっとうしくてしようがない。民主党の国会議員なぞ、地方にとっては、何の役にも立ってないという憤懣がある。岩手をのぞいてはね。

そんな、地方行政のあり方もわからないマスコミと、まさか、きっこ姉さんが同じとは。あきれました。

河村たかし氏が名古屋市長になんかなったら、一番苦労するのは名古屋市議会民主党だと思いますね。

以前も書きましたが、疑惑の民主党を批判しながらつるむ福島瑞穂代表の気持ちがわからないし、社民党支持者とのたまいながら、民主党ばかり擁護するまか不思議なきっこ姉さんのお気持ちや如何に。政治の世界は本当に複雑です。

http://tsujiyoshitaka.spaces.live.com/Blog/cns!ED30C85C44D4F589!1799.entry?sa=837909219

  

以下、共同通信、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞

牧議員秘書が日本郵便訪問  DM発送、直後に一転承認

 障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、2007年2月に発送されたベスト電器(福岡市)のダイレクトメール(DM)約210万通は、埼玉県内の郵便事業会社(日本郵便)の支店でいったん拒否された後、東京都内の2支店で承認を受けて発送されていたことが19日、日本郵便関係者などへの取材で分かった。

 承認の前に、民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=の政策秘書と、東京都文京区の障害者支援団体「白山会」会長守田義国容疑者(69)が日本郵便関東支社(さいたま市)を訪れていた。

 また、承認の際には厚生労働省などが発行した団体の証明書を日本郵便に提出しなければならないが、白山会について発行記録がない上、日本郵便社内で白山会の扱いに注意を促す文書が配られていたことも判明。

 大阪地検特捜部は既にこの文書を入手しており、不正な大量のDM発送が承認されたことと議員秘書らの訪問との関連について、慎重に調べを進める。

 牧議員の事務所は訪問を認めた上で「郵便側から法律的な解釈の説明を受けた。守田容疑者から謝礼などは受け取っていない」としている。

 関係者によると、白山会は、05年ごろから広告代理店「新生企業」(大阪市、現・伸生)と提携。ベスト電器など広告主のDMを刊行物とともに発送し、「名義貸し料」として刊行物1部につき約0・5-2円を受け取っていた。

 07年1月ごろ、新生企業が埼玉県内の2つの日本郵便支店からDMを発送しようとしたが、あて先不明の際の返送先が発行元の白山会ではなくベスト電器だったため、不審に思った担当者が発送を拒否。直後に社内で注意文書が配布された。

2009/04/19 21:41 【共同通信】

ホーム 共同ニュース

郵便割引悪用DM、牧衆院議員秘書が発送に関与

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度が悪用された郵便法違反事件で、民主党の牧義夫・衆院議員(51)(愛知4区)の秘書が、障害者団体「白山会」(東京都文京区)会長(69)から、大口郵便の発送について陳情を受けていたことがわかった。会長は、東証1部上場の大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)の制度を悪用したダイレクトメール(DM)発送を郵便局に断られていたが、秘書が日本郵政公社(現・郵便事業会社=JP日本郵便=)側に問い合わせた頃に、新東京郵便局(東京都江東区、現・郵便事業会社新東京支店)から最終的に発送できたという。

 牧議員は「秘書が相談を受け、郵政側に問い合わせたが、割引制度に絡む発送とは認識していなかった。自分は取材を受けるまで全く知らなかった」と話している。

 関係者によると、ベスト電器から2007年2月の販売会に向けたDM業務を受注した広告会社「新生企業」(大阪市西区、現・伸正)は、白山会発行の定期刊行物を同封したDMを発送するため、埼玉県内の二つの郵便局に持ち込んだ。だが、両郵便局は、DMの名義は白山会になっているのに、あて先が不明だった場合などに返送する先がベスト電器になっていたため、不審に思って発送を断った。

 新生企業から経緯を聞いた白山会会長は牧議員の事務所に相談。秘書が会長に同行し、日本郵政公社支社に問い合わせをした。その頃、新生企業が新東京郵便局にDMを持ち込んだところ、発送できたという。

 牧議員によると、秘書は、郵便物の大量発送に関する代行業務で郵便局から発送できないことがあったとして相談を受けたという。

 白山会会長は自ら経営する信用調査会社名義で、牧議員側に24万円を献金していたことが発覚している。

ベスト電器など捜索

 一方、大阪地検特捜部は16日、東証2部上場の印刷・通販会社「ウイルコ」(石川県白山市)若林和芳会長(57)、ベスト電器元販売促進部長(51)ら10人について、同法違反容疑で取り調べを始め、ウイルコ東京営業部やベスト電器本社、JP日本郵便新東京支店などを捜索した。容疑が固まり次第、逮捕する。

 ほかに取り調べを受けているのは、大手広告会社「博報堂」の子会社「博報堂エルグ」(福岡市)の執行役員(47)や白山会会長、障害者団体「健康フォーラム」(東京都)の代表(61)ら。新生企業社長・宇田敏代(53)、元取締役・阿部徹(55)両被告も再逮捕する。

 捜査関係者によると、若林会長らは共謀し、07年2月、障害者団体の定期刊行物を格安で郵送できる「心身障害者用低料第3種郵便物制度」を悪用。白山会と健康フォーラムが発行する刊行物を同封し、ベスト電器のカード会員向けにDM約200万通を郵送。正規料金との差額計約2億4000万円を不正に免れた疑いが持たれている。

(2009年4月16日  読売新聞)

 

国会議員のツテ誇る 郵便不正容疑、白山会に絡む3人(1/2ページ)

2009年4月17日8時30分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 「障害者団体」の実態もないのに福祉目的の郵便割引制度を悪用していたとして、郵便法違反容疑で逮捕された白山会(東京都文京区)絡みの容疑者3人の共通点は「国会議員とのつながり」だった。周囲に「政界とのパイプ」を語り、それが制度の悪用で奏功したこともあったという。

 3人は、白山会の前身「凛(りん)の会」の会長だった倉沢邦夫容疑者(73)と、それを引き継いだ白山会会長の守田義国容疑者(69)。それに守田会長を手伝っていた宍戸正明容疑者(58)。

 「学生時代に自民党の国会議員の下で書生をし、そのつてで、64年に開局したばかりのテレビ局に入った」。逮捕前、倉沢元会長はそう話した。十数年後に退社すると、現在は民主党に所属している国会議員らのもとで80年代から約10年、秘書を務めた。その後、会社経営などを経て「凛の会」の会長に。会として障害者団体向けの郵便割引制度の承認を受けたという。

 「始める時、郵政の担当者が会ってくれないから、議員名をあげて『おれは元秘書だ』って言ったらすぐに会ってくれた。『合法か』って聞いたら『これ(制度の利用)は合法です』って」と振り返った。

 会の目的は「難病患者などの支援」だったが、「(制度悪用のための刊行物の)記事や写真を送ってくれた障害者団体に原稿料を払っていた」程度だった。

 一方で守田会長は、民主党の牧義夫・衆院議員の長年の支援者。倉沢元会長によると2人は05年ごろ、牧議員を支援する会合で出会った。会の運営上のトラブルなどで困っていた元会長が守田会長に相談するうちに会が引き継がれ、「白山会」と改称。その白山会はホームページで「心身障害者の方々やその御家族の皆様にとって少しでも住みやすい社会となることを目的とした支援組織」と自称したが、実態はほとんど変わらなかった。

守田会長は、牧議員が国会議員の秘書だった頃から親しかったという。例えば、スナック経営会社は、牧議員が社長で守田会長が監査役。逆に守田会長が社長の機械設計・製造会社では牧議員が監査役といった具合だ。

 また、守田会長がかつて経営していた健康食品通販会社の社長を務めているのが宍戸容疑者だ。逮捕前は白山会の事業を手伝っていた宍戸社長は一時期、牧議員の秘書だったという。

 

障害者郵便割引不正:白山会会長、民主・牧議員と20年来の仲

 ◇飲食店経営会社の後任社長に就任

 障害者団体向け割引制度を悪用したとして、16日に新たに8人が逮捕され、2人が再逮捕された郵便法違反事件。郵便事業会社(日本郵便)を所管する鳩山邦夫総務相はこの日、「絶対許してはならない事件で本当に情けない」と話したが、東京都文京区の障害者団体「白山会」会長、守田義国容疑者(69)と、同容疑者側からの献金問題が浮上している民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=は約20年前、牧議員が鳩山総務相の秘書時代に知り合った仲だった--。【林田七恵、久保聡】

 「守田さんは昔からの知人で、東京の支援者。今でも2、3カ月に1回は会う仲」。牧議員は以前、毎日新聞の取材にこう話していた。牧議員は87年8月~98年12月、鳩山総務相の秘書で、守田容疑者は当時、鳩山総務相の地元・東京都文京区で会社経営などをしており、選挙時などに鳩山総務相を支援していたという。

 守田容疑者は秘書として区内を回っていた牧議員と知り合い、意気投合。牧議員が97年に設立し、社長に就任した飲食店経営会社「日枝商事」では、守田容疑者が取締役を務め、翌年には牧議員に代わって、自分が社長に就任した。守田容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に「うちも文京区。秘書時代からこの辺をぐるぐる回ってれば、知っているということ」と牧議員との関係を話していた。

 一方、違法ダイレクトメールを巡っては、日本郵便が昨年10月以降、制度の悪用が確認された障害者団体19団体に正規料金との差額(計約49億円)を請求したほか、民間会社4社にも約30億円を請求。「一番やりやすいところ(障害者団体)だけやって、上(広告主)はみんな、ふたされて、これじゃたまらんでしょ」。守田容疑者はこうも話し日本郵便が広告主側ではなく、障害者団体に正規料金との差額を請求したことを批判。「日本郵便が承認したから発行したのに、なんで請求されるのか。鳩山さんにしっかり指導してもらいたいよ」と語る場面もあった。

 牧議員は昨年5月、国会で広告会社「新生企業」のライバル会社を批判する質問をした。守田容疑者が経営する会社から07~08年に計24万円の献金を受け取っていたことが分かっている。

【関連記事】

毎日新聞 2009年4月17日 東京朝刊

広告

1件のコメント

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中