スーザン・ボイルの美声にあのサイモンもビックリ。イギリス版アメリカンアイドルに登場した47歳のオバサンに絶賛の嵐。


本当にビックリした。

47歳の見たからに近所のオバチャンのスーザン・ボイルさん。

アメリカンアイドルで皮肉たっぷりの批評を加えることで有名なサイモンも眼をむく歌唱力。

すでに、メジャーデビューの折り紙がつくほどの人気で、私も彼女の歌には聞き惚れてしまった。

このイギリス版アメリカンアイドル「BRITAIN’S GOT TALENT」での彼女の傑出した歌唱力に観客は沸きに沸いた。

それにしても、日本にも「君こそスターだ」とか「歌謡選手権」だとか、「スター誕生」という番組があったが、

こういうオーディション番組もいいなぁ。

ずぶの素人がプロを凌駕する、そんなチャンスがある番組があってもいいなぁ。

日本のオーディション番組と違うところは、出演者の人間味を存分に表出させることと、スターに育て上げる課程がつぶさに見られること。

出演者と視聴者が一体感が持てて、しかも審査に参加できる双方向性があるという番組づくりは、学ぶべきものが多い。

いやぁー。政治の世界も、徐々にそういう雰囲気になりつつあるなぁと思いました。

是非、一度彼女の歌をお聴き下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=9z0h1NNk1Ik

歌は心/スーザン・ボイル─Susan Boyle (日本語字幕版)

 

  

 

関連ブログ

ひさみをめぐる冒険: YouTubeセンセーション「Susan Boyle(スーザン・ボイル)」4日間で678万ビュー

Susan Boyle スーザン・ボイル Britain’s Got Talentのすごい人 – 名古屋のジャズヴォーカルレッスンスタジオ:vocal lesson studio honeysuckle

Susan Boyle スーザン・ボイル:metpatheny ‘ s Blog:So-net blog

スーザン・ボイルには驚いた – 四行詩集日乗

 

以下、関心空間より

スーザン・ボイル

セルフインフォ とは?
このキーワードの内容に関わる方が
書いたキーワード(記事)です。
詳しくはヘルプをご覧ください。

  • スーザン・ボイルの画像

ポール・ポッツを見出した「BRITAIN’S GOT TALENT」。3年目を迎えた今年も、まだ予選の段階ながらスターが生まれようとしている。
彼女の名はスーザン・ボイル。スコットランドのウェストロージアン州からやってきた47歳、教会のボランディアワーカーをしている。ルックスはご覧の通り=写真=。人前で歌った経験はカラオケくらい、それでもエレイン・ペイジのようになりたいのだという。
審査員と聴衆の反応は、ポールが最初にステージに立ったときと酷似していた。
しかし、スーザンがミュージカル「レ・ミゼラブル」の「夢やぶれて(I Dreamed a Dream)」を歌い始めると・・・2年前と同じことが起こった。その模様はYouTubeにアップされ、すでに800万アクセスを超えている(4月16日午前9時現在)。
ファンサイトもできた。Never judge a book by its cover. まさにその通りだ。“天使の歌声” と称されたパフォーマンスは、こちらで。

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中