阿倍野防災センターで青年局の研修会。震災対策は万全に。


今日は、午後から公明党大阪府本部青年局の研修会を阿倍野の防災センターで行いました。
各総支部の青年局の男女青年部長を中心に、たくさんの方が集まってくれ、研修後の質疑応答も白熱しました。
 
防災センターは、阪神大震災や予想される東南海地震の揺れを体験できたり、震災時の応急措置や脱出の仕方、
町中での危険地帯への認識などを深めてもらうもので、たくさんの体験コースが用意されており、心の備えのためにもご家族で一度試してもらいたい施設です。
 
青年局の皆さんも思いのほか、参考になったとの声をいただき、よかったとほっと胸をなでおろしました。
 
コース終了後の学習会でも、党への要望や質問が相次ぎ、福祉の問題、マスコミ対策、経済対策、公益法人の問題と、
青年局の皆さんが、問題意識をもって、活動してくれている実態がよくわかりました。
地方議員と国会議員では、扱う題材も違うと、これまでは、微妙な距離感がありましたが、
青年局を運営する上でそれは支障になると、国会議員の皆さんへの要望も積極的に行おうと青年議員に呼びかけてきました。
さらに、今回の研修をとおして、青年党員の声を国会につなげる役割を果たせる青年局の構築を目指しています。
ネットワーク政党・公明党として、お互いに向き合うのではなく、国会議員、地方議員、青年党員が一つの目標に向かっていく力強い体制つくらねばと心に決めております。
 
 
 
 

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中