テレビ朝日が初の赤字。メディアは、本来の役割に戻るべき。


正直いって、予想通りとなったテレビ朝日の赤字決算。

政局づくりにうつつをぬかし、国民に一方的な情報しか与えなかった罪は大きい。

さらに、経済界を怒らせたのは、不安をあおって、不景気風をさらに大きくしたことだ。

トヨタが広告費半減を打ち出したことから、広告費の削減の嵐が起こり、現在に至っている。

さらに、小売店舗もPB商品の開発が進み、広告費を乗せない商品が品質は確かなメーカーがつくる安心感からスゴ売れしている。

テレビメディアは、権力を手中に収める誘惑から脱して、本来の使命である国民に娯楽を提供し、社会をリードする公器としての役割を思い起こさない限り、

リアルな情報を伝えるインターネットの前に屈し続けることを知るべきだろう。

 

日本経済新聞

テレビ朝日の09年3月期、最終赤字17億円 テレビ広告が大幅減

 テレビ朝日は2日、2009年3月期の連結最終損益が17億円の赤字(前の期は64億円の黒字)だったと発表した。従来予想は1億円の黒字で、初の連結最終赤字。主力のテレビ広告収入が大幅減となったほか、有価証券評価損など特別損失が増えたため。繰り延べ税金資産も一部取り崩す。

 売上高は3%減の2460億円。番組の合間に流すスポット中心に、利益率の高い広告収入が想定以上に落ち込んだ。営業利益は88%減の12億円。番組製作費を従来計画より7億円減らすなどコスト圧縮を進め、従来予想をやや上回ったが、大幅減益だった。

 20億円強の投資有価証券評価損など特別損失も拡大する。吉本興業株なども新たに加わった。借りているスタジオの減損損失6億円を計上するほか、繰り延べ税金資産のうち約12億円も取り崩す。(02:51)

 

テレビ朝日、初の税引き後赤字…業績予想を修正

 テレビ朝日は2日、2009年3月期決算の業績予想を修正し、税引き後利益が、1月時点で予想した1億円の黒字から17億円の赤字に転落すると発表した。

 税引き後利益が赤字になるのは初めて。

 景気後退によりテレビ広告収入が大きく落ち込んだものの、番組制作費の削減などでカバーし、営業利益と経常利益はそれぞれ、従来の予想を上方修正した。

 しかし、保有株式の評価損計上などで特別損失が発生したうえに、繰り延べ税金資産の一部を取り崩したことが響いた。

(2009年4月2日18時16分  読売新聞)

 

ITメディア

テレビ朝日、連結で最終赤字に転落へ

テレビ朝日が業績予想を再び修正。連結でも最終赤字に転落する見通しになった。

2009年04月02日 15時41分 更新

 テレビ朝日は4月2日、2009年3月期の連結業績が17億円の最終赤字になる見通しだと発表した。前回予想は1億円の黒字だった。広告収入が減少する中、番組制作費のカットなどで営業利益、経常利益は前回予想を上回るが、株式の評価損計上などが響く。テレビ事業を手がける単体業績は19億円の営業赤字になる見通し。

 景気低迷でCM出稿量が大幅に減少。売上高は、下方修正した前回予想をさらに15億円下回る2475億円(前期比2.7%減)にとどまる見通し。番組制作費や経費の圧縮、CM減に伴う代理店手数料の減少で、営業利益は前回予想から4億円増の12億円(88%減)、経常利益は同1億500万円増の29億円(76%減)に。

 だが投資有価証券評価損や固定資産の減損損失を計上するほか、業績悪化で繰延税金資産の一部を取り崩すため、前回は1億円の黒字としていた最終損益が赤字に転落する見通しになった。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中