国のヤミ専従徹底解明を!更迭・給与返還命令は当たり前。労働組合の見識を問う。


官僚と組合のなれ合い。

公務員の側にも厳然とあった、55年体制。

大阪市では、組合との関係については、結構シビアに解決、すべての交渉を公開することになっているし、ヤミ専従も一掃した。

もちろん、更迭、給与返還命令は、当然で、組合の社会的責任を問うべきだろう。

仕事を円滑に進めるために必要だったといった言い方を官僚諸君はするが、国を預かる人間として情けない。

分限免職という、サボタージュ職員を罰する法律があるのに、ほとんど使えない、公務員は首が切れないという誤謬はこの際糺すべきべきだ。

今回の調査で大事な点は、自主調査だけではなく、第三者機関を設けて、弁護士などに徹底して調べてもらうことだ。

自主調査で隠蔽した場合は、即刻、更迭ということも総務大臣は表明する必要がある。

でないと、ポーズだけで終わってしまうだろう。

 

怒りの鳩山総務相、ヤミ専従問題で全省再調査へCommentsAdd Star

2009.4.1 23:21

このニュースのトピックス農林水産

 許可を受けずに労働組合活動を行う農水省職員の「ヤミ専従」問題を受け、鳩山邦夫総務相は1日、5月にも全府省を対象にした実態調査を行う考えを表明した。総務省は昨年5月にも一斉調査を行ったが、農水省の回答はゼロだった。鳩山氏は「総務省はコケにされた」と憤慨しており、今回は、より厳格な基準で調査を行う方針だ。

 鳩山氏は記者団に対し、「ヤミ専従は完全に違法で、誠に遺憾だ。給料の返還も求めることもありうる」と主張。その上で「国民の税金を給料として受け取りながら、許可を得ない職務専念義務違反には厳しくやらなければならない」と述べた。

 昨年の一斉調査は、過去5~10年間で1日4時間以上のヤミ専従を年間30日以上行ったケースを基準に実施した。昨年9月の結果公表では、該当者は厚生労働省の職員2人だけだった。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中