さらば小沢一郎。月刊willで溜飲下がる。メディアはいつまで民主党を支えられるか?


月刊willを読み始める。

さらば小沢一郎。

まさに、政界を混乱させた20年間、本当にご苦労さまでした。

日本のために、是非ともゆっくりして下さいという気持ちで読ませていただいた。

中身は、こんな感じ。

■岩見隆夫
小沢は和製スターリン
総理にならなくて本当によかった
■松田賢弥
私が追及した小沢一郎の金脈
■山際澄夫
朝日が小沢をつけ上らせた
■河上和雄
「国策捜査」なんて有り得ません
■阿比留瑠比
平気で嘘をつく小沢全語録

今後、ブログでもしっかり引用させていただこうと思っているが、岩見隆夫さんの記事が一番キツイ。

松田賢弥さんの記事は、よくぞここまで総民主党支援体制のマスコミのなかで、追求されたという一篇だった。

それにしても、安倍政権時の小沢支援体制は凄まじかったが、やはり、メディアとて世論には勝てなかったということだろう。

スッキリで、余程ストレスがたまっているのか、勝谷誠彦氏が1000円乗り放題の与党の施策をおもいっきり批判していたが、

無料とは、どう違い、山のような借財をどうするのか、明確に応えられなかったように、民主シンパと小沢シンパの嘆き具合は微妙に違う。

政権交代を望むか、小沢政権を望んでいたわけではない人にとっては、小沢の金権問題は、はなはだ迷惑。

民主党になんか入れなければよかった、とっとと出て行ってくれというのが本音だろう。

しかし、民主党を土台に、小沢政権を夢見た人間は、何が何でも無実だ、居座る。小沢を批判する輩は絶対許さんという気持ち。

勝谷誠彦氏は、どちらの気分。岩見隆夫さんはどちらの気分なのだろうか。

まぁ、いうなれば、政局好きの仲間割れ。

あきれかえってものも言えない。小沢バブルで狂奔した、マスコミのバブルが終焉を迎えている。

最近妙に、CMの時間が多くなったと思う人は、手を挙げて下さい!!!!!

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中