小沢一郎の政治資金パーティーに関与した人々。


小沢シンパなのに、中立を装って発言する文化人、コメンテイター。

それってずるくない?。

そのパーティーでどれだけ資金が集まり、ギャラをいくらもらったのか、テレビで世論に影響を与える以上、ちゃんと報道機関として調べてから出演させないと、

中立性は保てないのじゃないでしょうか。そして集まったのがゼネコンとその下請けで、そこから、ギャラが支払われているわけで、元は公共事業、つまり税金。

この期に及んで、ギャラをお返しになった方がいいのではないかと私は思います。

 

小沢一郎メールマガジンより 収支は官報より

第51回小沢一郎政経フォーラム 」 
【 日時 】 平成19年12月19日(水) 開場 午前10時30分 開演 午前11時
【 場所 】 ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂1-12-33)
【 講師 】 コラムニスト 勝谷 誠彦 先生
【 演題 】 『「偽装国家」ニッポンの仮面を剥ぐ』
【 会費 】 20,000円

収支 336人 1907万5000円 

◆第52回『政経フォーラム』のご案内◆
   小沢一郎事務所では、年に4 回『 小沢一郎政経フォーラム 』を開催しています。
   小沢一郎代議士本人が懇親会で挨拶させていただくほか、人気の高い講師の方をお招きすることもあって
毎回たいへんな盛況をいただいております。
「 第52回小沢一郎政経フォーラム 」 
【 日時 】 平成20年4月9日(水) 開場 午前10時30分
           第一部<勉強会> 午前11時より正午まで
           第二部<懇親会> 正午より
【 場所 】 ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂1-12-33)
【 講師 】 作家  室井 佑月 先生
【 演題 】 『仕事の楽しさ』
【 会費 】 20,000円

収支不明(年度ごとなので、まだ官報に掲載されてないのかな)

 

◇第44回政経フォーラムのご案内◇
===================================
   【 日時 】 4月19日(木) 
         開場 午前10時30分 開演 午前11時
  【 講師 】 インサイダー編集長
  高野 孟 先生
   【 演題 】 「 21世紀・日本の変革 」

収支 298人 2824万円

 

◇第46回「小沢一郎政経フォーラム」のお知らせ◇
===================================
   日時 平成18年7月14日(金)
      開場 午前10時30分 開演 午前11時
   講師 政治評論家 森田実 先生
   演題 『日本再生のために何が必要か』

収支 295人  2248万円  

 

◇第48回政経フォーラムのご案内◇
===================================
  【 日時 】 平成18年12月6日(水)
  【 講師 】 漫画家 倉田真由美 先生
http://homepage2.nifty.com/kuratama/index.html
  【 演題 】 『魅力のある人・ない人の違い』

収支 298人  2014万円 

 

【小沢氏秘書逮捕】パーティー収入21億 小沢氏側、大半はゼネコン?CommentsAdd Star

3月23日1時40分配信 産経新聞

拡大写真

(写真:産経新聞)

 小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、小沢氏側の2つの政治団体が開催した政治資金パーティーの収入が、平成19年までの13年間で総額約21億円にのぼることが22日、官報などで分かった。捜査関係者によると、西松建設などのゼネコン側が、下請け企業を通じてパーティー券を購入していたことがすでに判明。多くはゼネコン側からの提供資金だったとみられる。東京地検特捜部は小沢氏側が公共工事への影響力を背景に、ゼネコン側から巨額のパーティー収入を得ていたとみて調べている。
[イラストでチェック]下請け企業を使った献金の流れ
■大久保容疑者24日起訴へ
 一方、特捜部は、陸山会の会計責任者で小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規(たかのり)容疑者(47)を勾留(こうりゅう)期限の24日、実際には西松から受領した2100万円の献金を、西松のダミーの政治団体から受けたとする虚偽の記載を政治資金収支報告書にするなどした政治資金規正法違反罪で起訴する方針を固めたもようだ。捜査関係者によると、大久保容疑者は、容疑を一貫して否認しているとされるが、特捜部は多数の物証や関係者の供述などから、起訴は可能と判断したものとみられる。
 官報などによると、パーティーを開いていた政治団体は、大久保容疑者が12年から代表を務める「小沢一郎政経研究会」(政経研)と、小沢氏が最高顧問をしている「党岩手県総支部連合会」(県連)。
 政経研は「小沢一郎政経フォーラム」と題するパーティーを7年から年4回程度開催。ほぼ毎年1億円以上の収入を計上し、最も多かった12年は約1億6600万円で、7~19年の13年間の総額は約17億2000万円だった。
 また県連は新進党、自由党、民主党あわせて、小沢氏の名前を冠した政治資金パーティーを計7回開き、約3億7500万円を集めていた。パーティー収入は、2団体で総額約20億9500万円にのぼった。
 ゼネコン関係者によると、ゼネコン各社はパーティー券を下請け企業などに購入させていたが、券ごとに番号が振られていたため、入金の際、どのゼネコンに割り当てた券かがすぐに分かる仕組みになっていたという。
 政治資金規正法の規定で、1回のパーティーにつき20万円を超える券の購入者名は政治資金収支報告書に記載されるが、19年まで計51回開かれた「小沢一郎政経フォーラム」では、鹿島や大成建設など大手ゼネコンの名前はなかった。中堅クラスでは20万円を超えて購入したゼネコンもあるが、西松の記載もなかった。
 西松など複数のゼネコンは、下請けをダミーにして小沢氏側に献金したり、パーティー券を購入していたことが、すでに明らかになっている。西松などは、水増しした工事費を下請け側に渡し、献金や券購入の原資にさせていたという。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中