変わらなきゃ、でも変われなかった小沢一郎。


今日の産経新聞一面の小沢一郎評は、格別によかった。

自ら引用した山猫のフレーズは、昨日の記者会見で見いだすことはできなかった。

書生から田中角栄について、政治家人生を送った人間が、まったく真逆の政治思想に至るのは相当な覚悟がいるだろう。

その覚悟があると、一瞬、国民は信じたが、自らの習慣を覆すことは難しかったのだろう。

涙の会見は、往生際の悪かった船場吉兆の記者会見と双璧をなすほど、愚劣で醜かった。

説明になってない、いいわけをさんざん長時間にわたって聞かされた国民は、期待が大きかっただけに落胆も大きかったに違いない。

すでに、大久保が自供を始めたとの話も伝えられており、誠に不細工な結末を迎える気配が漂っている。

日本の政治のレベルの低さを国際的にも示すもので、誠に残念だ。

 

「一郎」は変わらなかった 政治部長・乾正人 (1/2ページ)

2009.3.25 03:14

このニュースのトピックス小沢一郎

秘書の起訴を受けた記者会見で続投表明し、厳しい表情を見せる民主党の小沢代表=24日午後9時56分、東京・永田町の党本部 秘書の起訴を受けた記者会見で続投表明し、厳しい表情を見せる民主党の小沢代表=24日午後9時56分、東京・永田町の党本部

 3年前の4月、民主党代表に選ばれた小沢一郎氏は、記憶に残る演説をした。映画「山猫」の「変わらずに生き残るためには、変わらなければならない」という名セリフを引用し、「まず、私自身が変わらなければなりません」と宣言したのだ。果たして小沢代表は3年間で変わったのか。

 小沢代表の続投表明は、政治の師である田中角栄元首相、後見人だった金丸信自民党副総裁を失脚に追い込んだ東京地検特捜部に宣戦布告したことを意味する。

 同時に、次期衆院選での政権奪取を目前に控えたいま、党代表を辞することは政治的死を意味すると判断したのだろう。

 田中元首相が、ロッキード事件で逮捕された後も派閥を拡大し、「闇将軍」といわれるほど権勢をふるった昔と違い、政治資金規正法が厳しくなり、国費から多額の政党助成金が交付される今では、党の主要ポストを握っていないとカネも人事も思う通りに差配できない。仮に無役になれば、政治的影響力は格段に小さくなるはずだ。起訴されても裁判がすべて終了し、刑が確定するまでは推定無罪だというのもその通りだ。

 今回の判断は、政治家・小沢一郎の我を貫くという意味では、筋が通っていると私は思う。

【小沢氏続投会見】「イチローのように頑張る」

だが、民主党を率いるトップの決断としては、いただけない。代表に居座ったまま裁判が始まれば、「検察対民主党代表」の構図が鮮明となり、自民党に比べて清廉さが売り物のはずの民主党に計り知れないダメージを与えるはずだからだ。

 もっといただけないのは、民主党幹部と、テレビによく出てくる一部のコメンテーターの面々だ。

 彼らは、「政治資金規正法違反という形式犯で野党第一党の党首の秘書が逮捕されたのはおかしい」という「国策捜査」批判を繰り返しているが、この論理こそおかしい。

政治資金規正法違反は決して形式犯ではない。禁固5年以下という厳しい刑罰が科せられ、同法違反容疑で何人もの国会議員がバッジをはずしている。

 「政治とカネ」の問題にメスを入れる「国策捜査」をするのはけしからん、というのなら民主党は、田中元首相金丸元副総裁の名誉回復を図ってはどうだろうか。それならば筋が通っている。

 それにつけても情けないのは、物言わぬ大多数の民主党議員だ。ある中堅議員は「全体の7割は自主的に辞めてもらいたいと思っている」と漏らすが、堂々と自分の考えを公にする議員はごく少数だ。24日の代議士会でも「新生民主党で次の衆院選を戦うことが党や国民のためになる」と代表退陣論をぶったのは、横光克彦氏ただ一人だった。民主党内では自由な論議はできないのだろうか。これでは、「民主」の看板が泣く。

 平成政治史は、小沢一郎という政治家を抜きには語れない。

 「政権交代で議会制民主主義を定着させたい」という彼の言葉に偽りはなかろう。

 ならばなおさら、別の決断はできなかったのだろうか。「変わる」と宣言してからもゼネコンからの多額献金は続いていた。

 これでは、民主党が批判している政官業が癒着した「古い自民党」の体質となんら変わらない。

 24日夜にテレビでも中継された涙の続投会見は、「人間・小沢」の一面を感じさせたが、「政治とカネ」にまつわる疑念を払拭したとは言い難い。66歳の男が変わるのはやはり至難の業のようだ。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中