府市協調はなかなか難しい。水道にしてもWTCにしても、妙なメンツが邪魔をする。


今日は、朝から当番で、控え室で待機しておりました。

昨日が雨の中の青年街頭で、本日付の公明新聞でも紹介されたましたが、初々しい学生局のメンバーの司会と、報道はされませんでしたが、「かりそめ」という、男性二人組のバンドの演奏と、いままでにない街頭演説会となりました。

あいにくの雨にも、めげず頑張っていただいたところです。

ただ、雨の中での作業は、力も三倍ぐらいかかります。

スピーカーにタオルをかぶせたり、傘をさしながら、フライヤーを配ってくれる学生局の皆さんに頭がさがりました。

そんなさわやかな青年局の活動を終えて…、今日は議会の複雑さを感じる日でした。

 

今、大阪府議会では、総務常任委員会がやっとはじまりました。

本当は、午前10時からの開始だったのですが、遅れに遅れて、午後10時半になってしまったようです。

この後、本会議が行われるようで、WTCの採決が待っております。

ご存じのように、WTCについては、府議会公明党は反対を表明しています。

今日も控え室に支援者の方から電話があり、「何故、公明党は反対してるのか!」と厳しく詰め寄られました。

多分、一般の方々からすると、党として反対しているというイメージなのかもしれませんね。

市会、府会とは、それぞれ別で、それぞれの議会の決定が尊重されることなどをお話しましたが、理解は難しいところです。

 

市と府は、犬猿の仲と常にいわれてきました。

平松市長と橋下知事になって、大転換が図られるのではとの期待もありましたが、やはり、役人間の長年の対立は、そう簡単にぬぐいきれないものだという気がしております。

明後日は、交通水道委員会の事前調査。憂鬱なのは、水道事業の府市連携についても、大阪府議会と大阪市会の意見は180度違います。

立場が違えば、意見も違うのは当たり前で、大阪市会公明党として優先すべきは大阪市民の水道水の値段と品質を守るということを優先するのは当たり前なのですが、

これが、府にいくと、自分勝手のように受け取られるので、政令市と都道府県の統合ということ自体が不可能かなと、

さらに、統合してどんなメリットがあるのかも、疑問符が自分のなかではつき始めており、

もう少し、ファジーな形で、双方ともが傷つかずメリットが享受できる手法が必要ではないかと思っております。

 

と、書き進むうちに、府の総務常任委員会の採決が始まりました。

大阪市は、委員会での採決は、起立採決なのですが、大阪府は無記名投票なんですね。

なんでだろう。これじゃ、有権者は、誰がどんな判断をしたのかわからないですね。これでいいんだろうか????

大阪府議会 議会中継 ← 詳しくはこちらをご覧下さい。

賛成8 反対5で採決されてましたが、本会議ではどうなるのでしょうか!!

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中