ウォシュレットの海外進出の好機到来か!!! 日本のトイレがハイテクすぎると話題に。


ウォシュレットが急速に普及したのは、日本でさえ、ここ数年。
米国のサイトで、日本のトイレがハイテク過ぎると話題になっているが、
どんな感じなのか興味津々ということだろう。
潔癖症の日本人にとっては、紙で拭くだけでは、結局、あそこに残っていることは確実で、
そう思うと夜も寝られない、気持ち悪い、やっぱり洗いたい。
ということは、欧米人だって、アジア人だって、アフリカの人だって、アラブの人だって、そう思うんじゃないだろうか。
ということで、ウォシュレット輸出の好機到来か。
結構値段も張るので、当分はリッチ層狙いの高級感を意識した展開でもかなり輸出できるかも。
TOTOさん、頑張って下さい。日本トイレブームを起こせ、世界に!!

ヤフーニュースより

「日本のトイレがハイテクすぎる」 米国のソーシャルニュース「Digg」で話題にCommentsAdd Star

3月16日19時43分配信 ITmediaニュース

「日本のトイレがハイテクすぎる」 米国のソーシャルニュース「Digg」で話題に

コメントの例。お尻を洗う機能や、音楽再生機能、血糖値を測る機能などがあると紹介するユーザーも

 「日本のトイレがハイテクすぎる」と、米国のソーシャルニュースサイト「Digg」で話題になっている。米国では温水洗浄便座が一般的ではないようで、便座を温めたりお尻を洗ったりする機能に驚きの声が挙がっている。

【拡大画像や「divine caloline」の記事画像】

 きっかけは、ニュースコミュニティーサイト「divine
caloline」に掲載された、斑尾高原スキー場(長野県)にあるというトイレの画像だ。缶コーヒー「ジョージア」のプロモーションの一環だそうで、ト
イレの壁にスキーのジャンプ台から見た風景を描いており、便座に座るとまるでジャンプ台の上にいるかのようだ。

 Diggではこの写真に4000近くのブックマークが付いて話題に。ジャンプ台のような演出へのツッコミだけでなく、日本の温水洗浄便座の機能の紹介や、洗浄機能の体験談、そのハイテクっぷりを驚くものなど、さまざまなコメントが付いている。

 例えば、「日本のトイレはお尻を洗ってくれたり、便座が温かかったりする」「一度、知らずにお尻洗浄ボタンを押してしまい、パンツをびしょびしょにして
しまったことがある」といった紹介や体験談、それを見て「紙でふかなくて済むなんて清潔」「こんなトイレがほしい」という賞賛の声、「洗ってぬれたお尻は
どうするの?」とった疑問などだ。「お尻を洗うとは気持ち悪い」と拒否反応を示すユーザーもいる。

 Diggではこれまでにも何度か日本のトイレが話題になっているようで、「japanese toilet」で検索すると、日本のトイレを紹介する動画や記事がいくつも出てくる。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中