小沢擁護に必死の鳥越氏。スパモニで民主党渡辺周に迫る姿に違和感を感じる。


今日のスパモニで鳥越氏が元読売新聞記者の民主党渡辺周議員に噛みついたのには、びっくりした。

関係者の声を元に書かれた記事を信用するのか!!と渡辺氏に迫る鳥越氏。

どうも、渡辺周氏が自らのブログに書いた小沢批判が余程、お気に召さなかったようだ。

最近の鳥越氏の発言は、本当にがっくりする。

何故か、小沢氏の正当性を主張、日頃は世論調査を笠に着るくせに、

いざ、今回の問題になると、「小沢さんは、政治資金をクリアにした人(趣旨)」と、なぜそこまで擁護するのか。

クリアにすることで、裏金を企業団体献金として合法化した、しかも政党助成金もせしめながら、ウシッシというのが本音だろうに。

また、今回の問題をことさら、形式犯、形式犯と矮小化するのに鳥越氏は必死だが、虚実記載が大目に見られてきたことこそ問題で、

本来なら、5年以下の懲役という重い罪であるわけで、徹底的に、与野党問わず、追究するというのが、ジャーナリストの役割ではないだろうか。

それこそ、松岡農相を自殺まで追い込んだ、あの時の追究は一体何だったんだろうか。

小沢を生き残らすためなら、大山鳴動して鼠一匹という事態で納めたいというのがありありだ。

それは、二階氏をはじめ、すねに傷をもつ自民党の足下を見ているといえ、与党は、しっかり自民党側の説明を求める必要がある。

国民は、今、政治不信のまっただ中にあり、自民民主の負け比べなど期待していない。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中