みのさんも認めた定額給付金効果、机上の空論より景気の問題なんだけどね。


景気が良くなるかどうか、実際のところは、結局「気」の問題。

せっかくの施策の効果を高めるかどうかは、人間次第で、化学の実験のように、答えがはじめからわかることなどあり得ない。

それなのに、この半年ぐらいの定額給付金騒動は、いざ、給付が始まると、マスコミの様相まで変わってしまった。

定額給付金批判の最右翼だったみのさんの文化放送での反省の言葉を読むとメディアの裏にある何らかの力を感じずにはいられない。

3月7日の午後1時からの、ラジオ文化放送、みのもんたウイークエンドで、みのさんが、こういうコメントを発した。

「全国の多くの皆さんが、定額給付金支給に、大喜びしている姿を見て、メディアで批判を繰り返した、定額給付金に対し、自分自身を含めた、報道のあり方、あまりにも偏った報道に反省します、これからメディアのありかたについても、考えることが大事です。」(要旨)と。

小沢さんが見え透いた言い訳を繰り返し、鳩山さんも民主党の諸氏も必死の防衛をしているけれど、やっぱり、大人として情けない。

間違いは間違いとして認める潔さがみのさんにあって、なんだか、正直ほっとした。

 

以下、毎日新聞

定額給付金:698自治体で割り増し商品券

 5日から一部の村で支給が始まった総額2兆円の定額給付金に合わせ、札幌市や東京都世田谷区、神戸市、鳴門市など全47都道府県の698市区町村が、地域限定で使える「プレミアム(割り増し)付き商品券」の発行を予定していることが6日、分かった。総務省がまとめた。長崎県佐世保市が08年12月に公表したのが最初で、全1804市区町村の約4割に達した。中には割増率67%の自治体もあり、給付金を地元の消費活性化に結びつけたいという市区町村の期待が、プレミアム商品券の広まりに表れているようだ。

 プレミアム商品券は一般的に、市区町村が地元の商工団体などと連携し、地元で1~2割増しの買い物ができる券を発行する。割り増し分は市区町村が全額負担するか、地元商工団体と折半するケースが多い。最も割増率が高かったのは5日から支給が始まった北海道西興部(にしおこっぺ)村と、北海道黒松内町、福井県池田町の3町村で約67%。給付金1万2000円で2万円買える商品券をもらえる計算だ。

 割増率は▽20~11%が234▽10~5%が388▽その他や未定は76市区町村。都道府県別にみると、北海道(函館市、室蘭市など)が108と最多で、長野(飯田市、諏訪市など)36、東京(江東区、品川区など)と福岡(田川市、豊前市など)が33と続いた。最も少ないのは、香川(非公表)と沖縄(嘉手納町)で1だった。

 商品券とは別に、さいたま市や東京都練馬区、川崎市、長崎市など39都道府県の117市区町村が、給付金の1万2000円に合わせたセール品の発売など、地元商店街での消費拡大セールを予定。また、東京都大田区や浜松市、福岡県久留米市など23都道府県の64市区町が給付金を受け取った市民に寄付を募り別の事業に充てる取り組みを実施する。中でも大阪は、橋下徹知事が教育関連の新規事業への寄付を提案したことを受け、池田市や泉南市など12市町が寄付の取り組みを予定している。【石川貴教】

広告

2件のコメント

カテゴリー: ニュースと政治

みのさんも認めた定額給付金効果、机上の空論より景気の問題なんだけどね。」への2件のフィードバック

  1. 正恵

    えーびっくりです、みのもんたがそんな反省コメントをするとは!!でもラジオだけじゃなくて、TBSの朝ズバでも同じことを言ってほしいです!!この記事、転載させていただきます。

  2. 義隆

    ね、びっくりでしょ。たた、朝ズバでいうのは、もっと先になるでしょうね。局の方針が民主党政権樹立ですから。盛り上がる定額給付金を無視するか、事務の遅れや詐欺事件を針小棒大に取り上げるのが落ちですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中