メディアの敗北。定額給付金の景気浮揚効果に大きな期待。


不景気風を吹っ飛ばす策が、やっと発動される。

さんざん、定額給付金は景気対策に効果はない、他に使うべき論で、民主党を擁護しつづけてきたテレビメディアの敗北が見えてきた。

いまだに、マイナスイメージばかりを先行させているが、もう国民も嫌みな報道に飽き飽きしていることに気づかないのですかね。

 

 

698市区町村で商品券発行  給付金と同時、1月末の5倍超

 鳩山邦夫総務相は6日の記者会見で、定額給付金の支給時期に合わせて全都道府県の計698市区町村で商工団体や自治体が、販売額より利用額を割り増ししたプレミアム付き商品券の発行を予定していると発表した。総務省の1日時点のまとめで、全市区町村の39%に当たる。

 発行予定市区町村数は、1月29日時点の129から5倍を超える増加となった。増えた理由について総務省は「地元で消費してもらいたいとの思いで、各地域が盛り上がってきている」としている。

 また商品券以外の地域独自の取り組みでは、地元商店街などで消費拡大セールが行われるのが117市区町村。寄付を募って別の施策に充てるとしている自治体も64市区町あった。

 都道府県別で商品券の取り組みが最も多いのは北海道の108、次が長野の36だった。

 最高の割増率は、5日から給付金の支給を始めた西興部村(北海道)のほか、黒松内町(同)、池田町(福井県)が67%で、3000円で5000円分の商品券が買える計算になる。これ以外の市区町村の割増率は5-10%が388、11-20%が234など。

 寄付では、大阪府箕面市は植樹や観光地ライトアップなどを行う予定。長野県松本市は「生活に困っている人の支援に充てられないか検討している」と話している。

2009/03/06 12:42 【共同通信】

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中