椿事件と小沢一郎、西松建設と北朝鮮。疑惑が疑惑を呼ぶ。いったいマスコミは何をしてたんだ!?


午前中のワイドショーは、軒並み小沢擁護の報道が目についた。

節穴というのはこういうことだろうか。新聞はまだ、まともな報道だが、テレビメディアの、特に東京キー局の報道は目に余る。

西松建設の次は、テレビメディアと小沢の関係にもメスを入れないといけないかもしれませんね。

よほど、ネットの方が真実を伝えているかもしれない。

http://antikimchi.seesaa.net/article/112676867.html  

http://wildswan0312.blog4.fc2.com/blog-entry-214.html

2ちゃんねるより。

椿事件を忘れません

1 :名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中:2009/02/23(月) 01:34:54 ID:5oNicxP30

2ちゃんねらなら、忘れないでしょ。
テレビ朝日(当時)報道局長の椿貞良がマスゴミ同士とつるみ、偏向報道で世論操作を行おうとした事件。
椿事件 – Wikipedia
1993年に起きた、テレビ朝日による放送法違反が疑われた事件である。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

23 :名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中:2009/03/04(水) 06:48:58 ID:voNhnAfa0

364 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 00:35:40 ID:/6bH0rJS0
15・6年前、西松建設と野中広務が金丸金脈で北朝鮮のインフラの整備に1兆円との試算をしていた椿事件に先立つこと1年ほど前ね
その後、ゼネコン大手による突然の訪朝団とかやらかすわけだが、その中心だったのも西松
西松建設へのガサ入れってのはつまり、北朝鮮西松ルートの捜査ってことだよ。
安部?麻生がやってるのはそういうこと
そうなるとマスゴミの中人が中々解散しない麻生総理を「テロリスト」呼ばわりするのも、違う趣を持って聞こえてくる。
たかが解散時期を探ってるぐらいで何をそこまで?って違和感覚えなかった?
17 :渡る世間は名無しばかり:2009/03/03(火) 23:13:29.01 ID:IcmBdm0w
おまえら よくわかってない人がいるみたいだからいっとくと、
これって単なるヤミ献金事件じゃないぞ・・
西松っていうのは、政財界なら誰でも知っている、
金丸時代からの有名な 「北朝鮮とのパイプ役」。
だから、安倍麻生は西松を叩くように指示を出していた。
マスコミの安倍麻生バッシングの影にはこういう理由があるの。
そして、当然の如く、小沢は以前から甘い汁を吸っていた張本人。
「カネを出して何人か返してください」は、小沢だから言えたわけ。

 

金丸の地元・山梨県では、大がかりな土木工事となれば、必ず西松建設が名を挙げられてきた。 - 西松建設の社長・杉本三吾の娘が、金丸信の息子と結婚していたからである。
 われわれ国民の公金が、税金となって国庫に入り、官官接待を受ける建設官僚によって、日本全国の自治体にそれが"適当に"配分され、公共事業に乱用されてきた。
西松建設は、熊谷組、フジタ、戸田建設、ハザマと並ぶ準大手ゼネコンだが、トンネル工事では、鹿島らの最大手ゼネコンに匹敵する実績を誇っている。勿論、東京湾横断道路の受注会社のひとつでもある。金丸のもうひとりの息子が、総理大臣・田中角栄のゼネコン利権を受け継いだ総理大臣・竹下登の娘と結婚し、竹下のもうひとりの娘が、大手ゼネコン・竹中工務店の創業一族と結婚した。さらに竹下の弟が、角栄の地元新潟で最大手の福田組の社長の娘と結婚し、その姉の夫が、岩手県の土建業会に巣喰う小さなドン、新進党党首・小沢一郎であった。
http://www.geocities.com/saitatochi/42.html

 

以下、ウィキペディアより

椿事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

椿事件(つばきじけん)とは、1993年に起きた、テレビ朝日による放送法違反が疑われた事件である。当時全国朝日放送(ANB 現:テレビ朝日)の取締役報道局長であった椿貞良による、日本民間放送連盟の放送番組調査会の会合の中での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。

日本の放送史上で初めて、放送法違反による放送免許取消し処分が本格的に検討された事件であったとも言われる。

目次

[非表示]

[編集] 経緯

1993年7月18日、第40回衆議院議員総選挙が行われ、与党自由民主党が解散前の議席数を維持したものの過半数を割り、非自民で構成される細川連立政権が誕生。自民党は結党以来初めて野党に転落した。

9月21日、民間放送連盟の放送番組調査会の会合が開かれ、その中でテレビ朝日報道局長の椿貞良は選挙時の局の報道姿勢に関して、

小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」

「共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行った。

10月13日、産経新聞が朝刊一面で椿発言を報道、各界に大きな波紋を広げる。これを受けて、郵政省放送行政局長の江川晃正は緊急記者会見で、放送法に違反する事実があれば電波法第76条に基づく無線局運用停止もありうることを示唆、自民党・共産党は徹底追及の姿勢を明確にする。10月25日、衆議院が椿貞良を証人喚問。その中で椿は民放連会合での軽率な発言を陳謝したが、社内への報道内容の具体的な指示については否定、一方で放送法で禁止されている偏向報道を行った事実は認めた。

翌1994年8月29日、テレビ朝日は内部調査の結果を郵政省に報告した。この中でテレビ朝日は、特定の政党を支援する報道を行うための具体的な指示は出ていない旨を改めて強調。この報告を受け郵政省は、テレビ朝日に対する免許取消し等の措置は見送り、「役職員の人事管理等を含む経営管理の面で問題があった」として厳重注意する旨の行政指導を行うにとどめた。9月4日、テレビ朝日は一連の事件を整理した特別番組を放送した。

1998年、郵政省はテレビ朝日への再免許の際に、一連の事件を受けて、政治的公平性に細心の注意を払うよう条件を付した[1]

[編集] 影響

この事件を契機に、自民党内で放送番組への規制強化の声が高まり、また郵政省でも問題のある放送番組の是正のあり方を議論するために多チャンネル時代における視聴者と放送に関する懇談会が開催され、のちの放送倫理・番組向上機構が設立される契機となったとも言われる。

自民党とテレビ朝日の対立がこの事件で表面化したとの分析もある。この事件の後、第43回衆議院議員総選挙を控えた2003年11月の「ニュースステーション」において、「民主党の菅直人の政権構想を過度に好意的に報道した」として自民党の安倍晋三幹事長が抗議するとともに所属議員のテレビ朝日への出演一斉拒否を決めたり、2004年7月の第20回参議院議員通常選挙の際の選挙報道に対しても自民党がテレビ朝日に文書で抗議するなど、政治的公平性をめぐって両者の対立はしばしば再燃している。 ただし、テレビ朝日ないしANNが事件以来政府・与党に対して腰が引けるようになったとの指摘もある。

また近年では2007年の第21回参議院議員通常選挙で、「当時の安倍政権に対して朝日新聞が同様の手法を用いた」との指摘(「アサヒる問題」を参照のこと)や、2008年に発足した麻生政権に対する大手マスコミの報道姿勢が本件と同様ではないか、として「椿事件の再来か?」とする論評もある。このように、本件は放送法の「政治的公平性」やジャーナリズムについての論議の中で、しばしば引き合いに出される事例となっている。

[編集] 非自民連立政権の実現可能性

椿の意図は、上記にもあるように「何でもよいから共産党を排除した反自民の連立政権を成立させる」ことにあったが、当時の政局は必ずしも反自民の連立政権が成立すると言い切れる状況では無かった。

というのも、総選挙の結果判明直後から小沢が掲げた「細川護煕擁立論」が明るみに出るまで、日本新党の去就が定かではなかったからである。総選挙で35議席を獲得した日本新党は、いわばキャスティング・ボートとしての存在でしかなかった。自民党の出方次第、また小沢の連立政権構想の中に細川が無ければ、自民党と日本新党の連立政権が樹立する可能性も十二分にあった。実際、過去には1983年に自民党が過半数ギリギリになった際、新自由クラブとの連立政権を誕生した例があった。

これを踏まえると、椿の挙げた方針は半分の可能性に賭けたいわば博打的なものだったと言えよう。

[編集] 脚注

  1. ^ 通常、放送免許の更新は5年毎となるが、条件付の免許更新は1年毎となるケースが多い。この件以外ではKBS京都(京都放送)でも過去に条件付の免許更新を受けたことがある。

[編集] 参考文献

  • 渡邉昭夫 「細川護煕」『歴史群像シリーズ70 実録首相列伝』 学習研究社、2003年。ISBN 4-05-603151-7

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中