小沢にお世話になった岩手めんこいテレビも報道。


岩手でも小沢さんにお世話になった岩手めんこいテレビが今回小沢疑惑を報道しておりました。

メインは、後援会長のいいわけでしたが。

ただ、すでに、疑惑の解明がリーク情報とはいえ、かなり確度の高い情報が夕刊をにぎわしていることから、

決着はかなり早いかもわかりませんね。秘書の口から小沢氏の関与が語られれば、すでに会社側が認めていることを考えると、

小沢氏逮捕の可能性も否定できない状況となってきました。

となると、記者会見のあのとてつもない小沢氏の自信は、どこから来たのでしょうか。とっても疑問ですね。

 

「西松建設」裏金事件 大久保容疑者が西松建設側と金額や献金方法について調整か

民主党の小沢代表の公設第1秘書による政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、岩手県にある民主党の関係先数カ所の家宅捜索に着手した。
事件の全容解明に向け、4日、小沢代表のおひざ元・岩手にも捜査のメスが入った。
岩手・奥州市水沢区の小沢事務所や、盛岡市の民主党岩手県総支部連合会の事務所にも捜査員が入り、家宅捜索が行われた。
小沢代表の後援会会長は「今回の逮捕は、民主主義の根幹にかかわる問題。これを揺るがすものですから、わたしどもも(小沢代表を)信じている。今の時期に、なぜこういうことが起きるのかということ自体、わたしとしては疑問」と語った。
地元の人は「ちょっと残念」、「(議員を)辞めて、違う人が頑張れという感じがします」などと語った。
小沢代表の金庫番である大久保 隆規容疑者(47)の逮捕。
事件をめぐっては、新たに大久保容疑者が、西松建設側と金額や献金の方法など、詳細な内容について調整したうえで、献金を受けていた疑いがあることも判明した。
大久保容疑者は、小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者だった。
現在の法律では、企業が直接、政治家に献金をすることはできない。
そのため、西松建設は、社員らのボーナスに会費を上乗せし、それが、西松建設OBが設立した2つの政治団体に支払われ、最終的に政治献金として陸山会に渡っていた。
2006年までの4年間で、その額は2,100万円にのぼるとされている。
小沢代表は、4日の会見で「どっから持ってきた金だとか、そういうたぐいのせんさくはしないのが、私は大多数だと思っております」と述べた。
西松建設の関係者は、政治団体への献金について、FNNの取材に対し、「1口6万円ぐらい。そんなものではないか。身銭を切るなんてありえないでしょう」、「ぼくも上から頼まれて、○○費とかで、政治団体に給与天引きで。それなりの地位の人はみな振り込んでいた」などと証言した。
その献金を裏で取り仕切っていたとされる大久保容疑者について、政治ジャーナリストの山村明義氏は「地元を中心とする小沢事務所の金庫と人脈を掌握し、管理し、整理する役。非常に重要な役割を果たしていたといわれている」と語った。
大久保容疑者は、高校のころから医者を目指していたが、1991年、地元の岩手・釜石市で市議選に出て当選した。
そして、1999年、今度は市長選に挑戦したが落選した。
大久保容疑者の元後援会関係者は「その当時、民主党から県議選に出ないかと言われたんですが、前市長が勇退するのであれば、市長選に出たいと出馬したのです」と語った。
その後、「もう一度、政治を勉強し直す」と、小沢門下に入ったという。
大久保容疑者は、移動するときも、ぴったりと小沢代表に寄り添っていた。

(03/04 17:33 岩手めんこいテレビ)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00150568.html

広告

コメントする

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中