拉致被害者を金で買うのか!? 小沢一郎の本性はやはり金丸訪朝団の時点から変わっていなかった。


今日の産経新聞を見て驚いた。
民主党支持者が集まる会場で「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」、拉致問題解決には、金を渡して返してもらえばいいだと。開いた口がふさがらない。
金丸訪朝団のときから、この人の感覚は変わっておらんなぁと思った。
しかも、あのときは、石井一や社会党の田辺やら、もともと拉致問題そのものを認めてなく、
北朝鮮のご機嫌伺いとその後の利権にうつつを抜かしただけ。
小沢一郎に拉致問題を語る資格など、全くない。
こんな男を首相にして、外交を行ったら、世界の嘲笑の的。
拉致被害者は、浮かばれない。
田口八重子さんの息子さんと金賢姫の対面もつぶされるかもしれないと思った次第です。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n1.htm
以下、産経新聞

【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か (1/5ページ)

2009.3.2 00:04

このニュースのトピックス小沢一郎

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。

 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。

 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊
米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発言の真意を、側近は「安保論議
を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。だが、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。

 「民主党に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿貫民輔はこう指摘した。民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論は、野党の足並みも乱している。

 

民主党の拉致問題解決の姿勢は金丸訪朝団以降、何も変わっていない旧社会党的土下座外交だ。かつての友党・朝鮮労働党を支え、交流という名の下に、北朝鮮にカネを届けるという、何とも情けない民主党の拉致問題解決方針。

以下、電脳補完録さんのページより転載

 News : 民主、国民新有志、訪朝目指す議連を発足
        投稿者 trycomp 投稿日時 2008-2-22 15:02:29 (590 ヒット)

 民主党と国民新党の有志議員が、北朝鮮との「幅広い交流の促進」によって拉致、核・ミサイル問題の解決や日朝国交正常化を目指す議員連盟「朝鮮半島問題研究会」を22日、発足させた。

 この日の初会合で、会長に選ばれた民主党の岩國哲人国際局長は、拉致問題などの解決に向け北朝鮮との対話を進めるため、訪朝を検討することを表明した。将来的に民主党の小沢一郎代表の訪朝につなげたいとの考えだ。

 また、事務局長の川上義博民主党参院議員は、自民党朝鮮半島問題小委員会の山崎拓最高顧問と21日に会談し、連携について協議したことを明らかにした。北朝鮮に強い姿勢で臨んでいる超党派の「拉致議連」(平沼赳夫会長)と一線を画した格好だ。

 会合には両党の国会議員16人が出席。岩國、川上両氏のほか、副会長に国民新党の自見庄三郎副代表、顧問に民主党の石井一副代表と鉢呂吉雄「次の内閣」外務担当らが選任された。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080222/stt0802221235002-n1.htm

交流進め北朝鮮問題解決へ議連発足
 民主党の有志議員およそ30人が、北朝鮮との幅広い交流を促進することで拉致問題や核・ミサイル問題の解決などを目指す議員連盟を発足させました。
 22日発足した民主党の朝鮮半島問題研究会議員連盟は、北朝鮮に対し強硬な姿勢をとっている超党派の「拉致救出議連」とは一線を画し、対話や交流を進める中で一連の北朝鮮問題を解決し、国交正常化と地域の安全保障の確立を目指すとしています。
 会長に就任した岩國哲人議員は、「民主党は自民党に比べて北朝鮮とのパイプがなかった。アジアの一体感という時に北朝鮮との対話が行われるべきだ」と挨拶し、今後、議連として北朝鮮とのパイプ作りを進め、交流を促進する考えを示しました。
 
また、事務局長となった川上義博参議院議員は、既に自民党内で「朝鮮半島問題小委員会」を設置している山崎拓・前副総裁と連絡をとっていることを明らかに
し、今後、双方の連携を模索していく考えを示しました。自民・民主両党の新たなの接点として、今後、注目を集めることも予想されます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3787032.html

しかし、石井一がまた性懲りもなくこんな場面に出てくるようでは、有本さんのスピーチの時間は短くなりそうもないなぁ。

【参考】

◆石井一(元自民党、現民主党副代表)

 一九九〇年九月、平壌。自民・社会党訪朝団の石井一衆院議員(68)=当時自民党=は、日本で託された「手紙」の扱いを思案していた。
 訪朝の目的は、国交正常化への突破口を開くことにあった。手紙は、その妨げになる。会談の議題には挙げられない。

 しかし―。

    ◇       ◇       ◇

 手紙は八八年九月、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から日本に届いた。神戸市出身の有本恵子さん=拉致当時(23)=ら欧州で失跡した三人が平壌で暮らしている、との内容だった。
 有本さんの両親は五年ぶりの娘の消息に驚き、喜んだ。だが、国交のない隣国は遠い。朝鮮労働党と交流のある社会党も、そして外務省も、それぞれの家族に公表しないよう求めた。
 有本さんの父明弘さん(74)は、当時社会党委員長だった土井たか子・現社民党党首(73)の西宮市内の事務所を訪ね、協力を依頼した。
 元秘書(60)の当時の手帳には、有本さん失跡の経緯を簡単に記したメモが今も挟まれている。土井党首にその内容を伝えた。「まさか、という反応だった。(土井党首が)どう対応をしたかは分からない」

 土井党首側から有本さんへの連絡はなかった。

    ◇       ◇       ◇

 野党よりも与党に。焦る明弘さんは九〇年春、訪朝先遣団の団長だった石井議員を頼った。手紙を読んだ石井議員は「責任を持って調べましょう」と応じた。明弘さんの期待が膨らんだ。
 自社の訪朝後、北朝鮮に抑留されていた神戸市出身の元船長、紅粉勇さん(72)の帰国が実現した。しかし、有本さんの件は何も進展しなかった。
 今、面会を振り返る両者の言い分は食い違う。
 明弘さんの記憶では、石井議員は帰国後、「こんな手紙だけでは言いにくかった」と説明した。「何も言ってもらえなかった」。今も憤りがこみ上げる。
 一方、石井議員によれば、「こんな手紙」とは、北朝鮮の幹部の言葉として伝えたものだという。「休憩時間に金容淳国際部長に話した。手紙の信ぴょう性を疑われ反論されたが、調べてほしい、とメモを押し渡した」
 非公式なやりとりに記録はない。「証拠と言われると困るが、席を立たれたらおしまいの交渉に、警察さえ認定していなかった話を持ち出せない」と振り返った。
 今年九月十七日の首脳会談まで、北朝鮮は拉致を否定し続けた。日本側は「席を立たれては困る」と気遣い続けた。

 国交正常化という大義のために。(神戸新聞 2002/11/18)
http://www.kobe-np.co.jp/rensai/miru/04.html

石井一:「国交正常化をせずして拉致問題を交渉することになってくると、テポドン突いたところで弱いんですよ。
それから、拉致(問題の解決)がなかったら国交正常化がないなんて言ったら、永遠にその問題は解決しないんじゃないか。」
福井テレビ「その声は届かず~拉致家族の奪われた24年」
http://bbs.trycomp.com/sonokoehatodokazu.htm


主党の石井一副代表は二十日午前、東京都内のホテルで講演し、帰国した拉致被害者五人を戻すよう要求している事について、「日本政府のやり方は間違ってい
る。私なら『一度帰り、一ヶ月後に(家族)全部つれて帰って来い』と言う。一方的に約束違反のような形でこっちにおいておいて、外交交渉になるのか」とも
語り、日朝交渉正常化交渉を急ぐべきだとの考えを示した。 (産経新聞2002/11/21)

——————————————–

設立趣意書


が国と朝鮮半島は、歴史的・地理的に密接な関係にあり、朝鮮半島の平和と隣接諸国との良好な関係は、北東アジア地域の安全保障と繁栄に極めて重要です。朝
鮮半島の核問題をめぐる六カ国協議が進展し、米国と北朝鮮の関係が対話によって改善されつつあることは日本と北東アジア地域における安全保障の環境を整え
る上で重大な意味を持ちます。
 この流れを考える時、日朝間には様々な問題が横たわっておりますが、日朝ピョンヤン宣言に基づいて国交正常化の道
を切り開くことは日本の国益に資するものです。したがって日朝間の直接的な対話と交流が途絶えた現在の状態をこのまま放置しておくことは決して好ましいこ
とではありません。
 昨年、ハノイ、ウランバートルで日朝作業部会が開かれました。そこでは過去の清算や北朝鮮に対する制裁解除問題などが意見交換されたものの、拉致問題を含めた両国間の諸問題の解決及び関係改善への打開の糸口もつかめないままに今日に到っています。
 この度「朝鮮半島問題研究会(仮称)」を設立し、両国間の幅広い交流を促進させ、日本と北朝鮮間の諸問題、即ち拉致問題と核・ミサイル問題の解決、及び地域安全保証の確立を目指すことといたしました。
 なにとぞ、本趣旨にご賛同の上、皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。

 発起人(敬称略 五十音順)
 青木愛、市村浩一郎、川内博史、川上義博、喜納昌吉、今野東、千葉景子、自見庄三郎(※国民新党)、外山斎、平岡秀夫、藤谷光信、松野信夫、室井邦彦、山下八洲夫、横峯良郎

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/483397/

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中