非正規雇用問題への取り組み、難波のハローワークを訪ねた。


月曜日に山本参議院議員のコーディネイトによりまして、難波にあるハローワークの視察をさせていただきました。

夕方の4時ごろだったなのですが、人は一杯。

パソコン画面をにらみながら、就職情報を探す方々が多数おられました。

今回の目的は、いわゆる非正規雇用への支援「大阪キャリアアップハローワーク」だったのですが、非正規雇用はもちろん、正規雇用のリストラも急激に進んでおり、

政府として、また、大阪市としても雇用創出に力を入れる必要性を痛感しました。

公明新聞でも紹介していただきましたので、転載いたします。

新たな雇用創出へ:ニュース|公明党

新たな雇用創出へ

公明新聞:2009年2月17日

image

キャリアアップ制度の課題探る
党大阪府本部青年局

職員から説明を受ける(前列左から)佐藤、福島、山本(香)さんら=16日 大阪市

 公明党大阪府本部青年局(辻義隆局長=大阪市議)は16日、厳しい雇用情勢に対応するため大阪市の「ハローワークプラザ難波」内に開設された、大阪キャリアアップハローワークを視察、職員らから利用状況などを聞いた。これには佐藤茂樹府代表代行(衆院選予定候補=比例近畿ブロック)、福島豊(同=大阪6区)の両衆院議員、山本香苗参院議員と、青年議員・党員が参加した。

 同施設は日曜・祝日以外の毎日、キャリアカウンセラーによる就職や住宅支援の相談、公共職業訓練の受講希望者に対する支援などを行っている。

 この日応対した大阪労働局の百﨑諭課長らが、開設から2カ月間で延べ297人が相談に訪れ、53人に仕事を紹介できたことを報告。

 これに対し佐藤氏らは相談人数に比べて就職者が少ない点を指摘。同課長は、職業訓練を受けるには、訓練期間の生活を支える資金を貸りる必要が生じることが一因ではないかと述べた。

 視察を終えた佐藤氏らは「視察した内容を政策に生かしていきたい」と語っていた。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中