WTCで耐震必要と大阪府が発表。最後の抵抗なのかもしれない。


WTCへの府庁移転問題。
耐震化の必要があるそうで、18億円余りが余分にかかるとのこと。
もうこの際だから、それはそれで、市と協議するしかないだろうが、
大阪府としては、職員の8割が反対している以上、最後の抵抗ということだろうか。
大阪市としては、府庁が移転してくれることはありがたいことですが、あまりもめてもらっては困ります。
できれば、国からのバックアップがあれば、知事もやりやすいのだろうけど。
 
さて、今日は、午後から、そのWTCの勉強会を開催します。
今日のお昼は、中学校給食の試食。
わずか平均2%しか、予約しない給食の味を確かめてみます。
今年度一斉に全校で選択制の昼食事業を市長は表明しており、
食育推進・ランチルームでの食事交流を標榜しているわが会派としても、ぜひとも成功させたいと思っております。
 

「WTCの耐震改修が必要」 大阪府調査で判明

2009.2.2 22:26

このニュースのトピックス:どこへ行く、橋下府政

 大阪府の橋下徹知事が庁舎移転を検討している大阪市の第三セクター大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC、同市住之江区、55階建て)について、府が東海・東南海地震で想定される「長周期地震動」の影響を調査したところ、中低層階(7~16階)で被害が出る可能性があることが2日、分かった。

 倒壊の恐れはないが、府庁舎は災害時に対策拠点となるため、移転には18億5000万円の耐震補強費用が必要となる。橋下知事は24日開会の2月定例議会にWTC移転に関する条例案を提出する予定だが、新たな問題が浮上したことで審議に影響を与えそうだ。

 府によると、昨年12月、WTCの設計会社に調査を依頼し、ゆっくりと長時間揺れる「長周期地震動」の影響を解析したところ、はりがゆがんだり、天井が損傷する可能性があることが判明した。民間ビルの場合、この程度の損傷の影響は小さいが、府庁舎は災害時に指揮命令の中枢となることから、制震装置の設置などが必要との調査結果が出たという。

 また、完成後の建築基準法厳格化に伴い、WTCが同法の耐震基準を満たしていないことも判明した。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中