朝日も代表質問に落胆、小沢代表の意気込みはどこに?


朝日新聞の今朝の主張は民主党には痛かった。

鳩山氏にまかせっきりで、表舞台に立とうとしない小沢代表に対する辛辣な指摘。

マスコミとしては、二大政党の選択を迫ることが目的なのだが、格好の好機に優勢のはずの民主党がイマイチ、特に党首の考えがわからないとあっては、話にならない。

まして、田中真紀子氏は無所属、民主会派に属するものの、民主党そのものではない人を登壇させるのはどうか、パフォーマンス優先ではないかとの批判は免れない。

不況の嵐は、あらゆる業種に及んでおり、マスコミとて例外ではない。

不況風をあおって、マスコミが儲かるわけでもなく、真剣に景気回復の処方箋を議会に求めないと大変なことになるとの意思表示なのだろう。

新年度予算をとおし、次の一手で、与野党の攻防が展開されることを望みたい。

 

以下、朝日新聞

代表質問―民主党の顔はどうした

 民主党は本気で政権を担う覚悟があるのか。そう疑いたくなるような議場の光景だった。小沢代表がまたしても衆院の代表質問に立たず、鳩山由紀夫幹事長に代役をゆだねた。

 昨年10月の臨時国会では一番手に立った。首相への質問というより民主党の政権構想を説く異例の形だったが、総選挙に向けて対立軸のようなものを浮かび上がらせる効果があった。

 しかし今年は、年明けの2次補正に対する代表質問、そしてきのうと2回続けて鳩山氏にまかせきりである。

 たしかに代表質問は党首討論とは違い、いつも党首が立つ義務はない。

 だが、麻生首相の施政方針演説に対するきのうの代表質問は、遅くとも秋までには必ずある総選挙に向けた2大政党の激突の、いわば号砲の意味合いをもっていたはずだ。

 この危機的な世界同時不況に際し、日本のかじ取りをゆだねるにふさわしいリーダーは麻生首相なのか、それとも小沢代表なのか。両党首の真剣勝負を、ぜひ聞いてみたかった。

 政府を追及するテーマには事欠かない。喫緊の課題である経済対策や雇用対策、玉虫色の文言修正に終わった消費増税、骨抜きになった道路特定財源の一般財源化……。民主党の政策も紹介しながらの鳩山氏の質問は、それなりに聞き応えがあった。

 それでも、一方のエースが自らマウンドに上がろうとしないなら、政権交代への国民の期待は広がるまい。

 選挙応援の地方行脚にはあれほど熱心な小沢氏なのに、表舞台の国会論戦にはなぜこんなにも及び腰なのか。

 これで総選挙で民主党が勝ち、小沢氏が首相になれば、国会答弁や外交交渉は本当に大丈夫なのか。政策をつくり、実行していくためにも政治指導者の発信力が大事な時代だ。

 民主党が二番手の質問者に田中真紀子氏を立てたことにも異議がある。

 田中氏は民主党の会派に入ってはいるが、無所属の議員だ。民主党の主張を訴える「顔」とは言いにくい。

 小泉元首相が田中氏を外相に就けて外交の混乱を招いたとき、人気目当ての起用を批判したのは民主党だった。今度は、その民主党が同じ轍(てつ)を踏んではいまいか。

 総選挙に向けたもう一つの「顔」である最新版のマニフェストづくりが進んでいないことも解せない。

 経済危機のあおりで税収は激減し、財政出動は増えている。07年の参院選のマニフェストを大幅に組みかえる必要があるのは明らかだろう。

 世論調査で民主党や小沢代表の支持が高まっているのは、麻生自民党のふがいなさという「敵失」によるところが大きい。真正面から政策論争を仕掛ける構えなしに外野席から「早期解散」を叫んでも迫力を欠く。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中