テレビ・新聞 陥落!頼みのネットも稼げない  東洋経済がテレビ・新聞業界の窮状を伝える


不景気と時代の流れに翻弄されるメディア。

TBSが大変だということは以前から聞いていた。視聴率競争に敗れ、かつていわれたドラマのTBSの面影もない。

視聴率は、現在4位。

広告収入もテレ朝に比べればというレベルでしかない。

TBSだけでなく、各局の窮状は大変なようで、半減状態。テレ朝では25分50本分の広告が埋まらない事態となっているという。

トヨタ社長が広告出稿の抑制を表明するなど、広告が命綱のテレビ局を追い打ちにかけたようなものだ。

新聞も同様のようで、黒字はわずか。

今回ばかりは、メディア一人勝ちの給与体系が崩れる事態となっている。

米国では、デジタル放送への移行が延期されたが、日本はどうするのでしょうか。

それにしても、派遣切りをターゲットに政府批判を続けてきたメディアだが、よくよく考えてみると、広告料を削ったらどれくらいの人間を救えるのか知らんと思った次第です。

ジャパネットたかたを見ると、欲しくなるけど、果たして、わずかな秒数のCMで商品を決める時代は終わったような気がします。

広告魂|コウコクダマシイ-東洋経済20090131号

関連ブログリンク

週刊東洋経済「テレビ新聞陥落」 – ぽりsee←→policy?

頼みのネットも稼げない、テレビ・新聞陥落!(週刊東洋経済) – 株式投資情報ブログ 証券オンライン(日本インタビュ新聞社)

テレビ・新聞、特権階級からの陥落-アニメニュース Japanimate.com

テレビ・新聞陥落!なんだってさ~メディア事変その47~ – クリエイティブ経営論!

 

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中