切羽詰まって現れる無駄金。徹底究明で経費節減目指せ大阪市。


経費節減、今、大阪市も大阪府も大きな課題だ。

一律シーリングに頼って、予算の詳細が見落とされていないかと思ったが、今回の分担金調査はなかなか大した物だ。

それにしても、億単位でムダと思われるお金が出てくると、やはり大阪市の事業すべての見直し作業を早急にやるべきだと思うだがね。

 

産経ニュースより

共同事業は実施された? 大阪市“分担金”支出の2割不適切CommentsAdd Star

2009.1.23 23:06

 大阪市が団体運営費やイベント事業費などとして平成19年度に外部団体に支出した「分担金」526件(約67億円)のうち、分担額を規定した協定書がないなど不適切なケースが全体の約2割の109件(約11億円)に上っていたことが23日、市の調査で明らかになった。一部には多額の繰越金が出ており、分担金に見合った事業が実施されていない可能性もあるという。

 分担金は、市が他団体と共同で事業を行う際に事業運営費などを分担して支出する制度。市監察部が補助金や委託費と違い透明性が確保できていない可能性があるとして調査していた。

 調査によると、外部団体との協定書がないケースが48件、支払先団体からの実績報告がないケースが32件あった。また、分担金の支出が市単独だった事業が25件、支出先団体が繰越金を1000万円以上計上し、団体の歳出に対する割合が5割を超えていた事業が5件あった。

 このうち、大阪国際見本市委員会のケースは、ほかの団体からの分も含めた分担金総額7080万円中、市が大半の6750万を支出しているうえ、同委員会の年間総歳出約3億6700万円のうち、繰越金は約2億円にものぼっていた。

 調査を受け、市は分担金の支出にあたり、金額や割合などを規定した協定書を作成することや、実績報告書の提出を求めることなどを記した指針を作成。新規事業から適用し、既存事業も21年度中に改善を図る方針。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: 市政改革

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中