ヤミ金被害者は、とりあえず問い合わせを!!


五菱会系ヤミ金ルートが明らかになり、被害者救済が進んでいるものの、わずか10分の1程度しか判明していないという。

ヤミ金に借りたことであきらめてはいないだろうか。

心当たりが有る方は、まずは、問い合わせてみることをおすすめする。

ヤミ金は、昨年の判決で、元金さえも返さなくてもいい、つまり、借りた金もまったく返す必要がなくなっている。

当たり前でしょ、犯罪行為なのだんだから。

五菱会の店舗名は427もあり、とにかく、相談して欲しい。

店舗リストも載ってます。

以下、リンクを貼っておきます。被害回復給付金を支給するための申請は、平成21年1月26日(月)までですので、お急ぎ下さい。

 

image

暴力団「五菱会(ごりょうかい)」によるヤミ金融事件(「五菱会ヤミ金融事件」)の被害にあわれた方に
被害回復給付金を支給するための申請を平成21年1月26日(月)まで受け付けています。

 

五菱会ヤミ金融事件とは?

暴力団「五菱会」が昭和63年ころから平成15年8月ころまで違法な高金利でヤミ金融業を行っていた事件で、被害者は全国に数万人います。

主な犯行手口

  • ダイレクトメールまたは電話で融資の勧誘を行う。
  • 数万円程度の金額を1週間から10日間程度の期間貸し付け、その金額に対して3割から10割程度の利息を受け取る。
  • 貸付けは、被害者の預貯金口座への振込みによって行う(利息は天引き)。
  • 元金利の支払は、指定した預貯金口座への振込みにより行わせる。

五菱会ヤミ金融事件に関する被害回復給付金支給申請手続について

 五菱会(ごりょうかい)ヤミ金融事件において,事件関係者によりスイス連邦の銀行に送金されて隠匿され,同国チューリッヒ州により没収されていた犯罪被害財産等の一部(約29億円)が,平成20年5月23日,日本に譲与されました。
 東京地方検察庁では,同年7月25日,「犯罪被害財産等による被害回復給付金の支給に関する法律」に基づき,上記の外国譲与財産を被害者の方々に被害回復給付金として支給するための手続である「外国譲与財産支給手続」を開始する決定をし,同決定の内容を官報に公告しました。
 公告の内容,申請手続の詳細については,「五菱会ヤミ金融事件 被害回復給付金支給申請手続について」(検察庁ホームページ)をご覧ください。
 また,被害回復給付金支給制度の詳細については,「被害回復給付金支給制度Q&A」(法務省ホームページ)をご覧ください。

東京地方検察庁などを名乗る架空請求に注意してください。
この手続により,申請人の方にお金を請求することはありません。

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中