結局審議拒否!! 共産党も社民党も同調するなら、税金泥棒と呼ばせてもらおう。


13日に第二次補正予算が衆院通過の見通しとなった。一日も早い、施策の実施が望まれるなかで、民主党は、またぞろ参議院で審議拒否をする意向だと聞いて、あきれかえった。

自己の主張に自信があるなら、国民の前で堂々と議論し、採決すべきではないか。こんなことをしたら、麻生首相が先の国会で法案を提出しなかったことが如何に正当であったかを証明することなる。

本当に頭の構造がどうなっているのか、まだ、若手の民主党議員は、国家の危機の時に、選挙区回りをしている小沢代表についていくつもりなのだろうか。

一日も早い対応を望んでいる国民のことより、党のメンツや政局が大事なんだね。

さて、共産党さん、社民党さんも同調するのだろうか。

もし同調するなら、60日間分の給与の返上と、この60日のうちに失業した人、倒産した会社への償いを、お願いしたい。

そして、審議拒否ゆえのサボタージュ政党として、税金泥棒のレッテルを貼らせていただきたいと思う。

国会は、あくまでも議論の場、議論を放棄するなら、さっさと国会議員を辞めてもらいたい。

情けない政党だ。このニュースが国際的に流れたときに、民主党の評判がどうなるか、いやなこになるとごねる政党が次の日本の政権を担うとなったら、どっちらけだよね。

各国ではすでに減税措置を講じ、米国も日本の倍額の減税を実施する意向で、デフレ化、低金利時代の景気刺激策は減税しかないのが世界の常識。

その常識を分からぬものに政権など渡せるわけがないではないか。

 

2次補正、13日に衆院通過=民主、参院審議拒否の方針

 衆院議院運営委員会は9日午後の理事会で、13日に本会議を開き、2兆円の定額給付金などを盛り込んだ2008年度第2次補正予算案と関連法案を採決することを小坂憲次委員長の職権で決めた。与党の賛成多数で可決、参院に送付される。
 これに対し、民主党は党本部での幹部会で(1)同日の衆院予算委員会と本会議には出席し、採決直前に退席などして抗議する(2)参院での審議には当面応じない-ことを決めた。 (了)
(2009/01/09-17:08)

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中