医療生協で、またもや医療ミス、失血性ショックで若い女性が死亡


マスコミ御用達の医療生協病院で、またもや医療ミスが起こった。

とんでもない初歩的なミスで、あきれかえる。

 (→その後、お医者さんからいただいたコメントでは、初歩的なミスではないとのご指摘。しかしながら、簡単な手技でも100回に一度ぐらいはミスをするそうです)

厚生労働省は、医療生協系病院の徹底査察を行って欲しい。

尼崎医療生協病院 ← ホームページは謝罪の一文もない(1/8 14:00現在)

 

以下、朝日、産経、神戸新聞 → (訂正)産経、朝日、神戸新聞

 

尼崎医療生協病院、医療過誤で女性死亡

2009.1.8 01:50

 兵庫県尼崎市の尼崎医療生協病院で昨年12月、肝硬変で入院していた同市内の女性患者=当時(35)=が、腹水を抜く際に誤って針で血管を傷つけられたことが原因で亡くなっていたことが7日、分かった。病院側は「血管を刺したことで出血が止まらず亡くなった」とミスを認め、遺族に謝罪した。

 同病院によると、女性は昨年11月27日に入院。12月4日午前10時ごろ、主治医が立ち会い、男性研修医が腹部にたまった水を抜き出すため、針(直径約1・2ミリ)を左下腹部に刺した。1度目では水が出ず、2度針を刺したという。

 女性は同日夜から針を刺された下腹部が皮下出血で赤くなり、出血が止まらなくなるなど容体が急変。6日から病院側は輸血を開始したが、16日に女性は亡くなった。死因は出血性ショック死だった。

 病院側は「1度目に針を刺したときは出血は確認できなかった」としているが、この際に血管を傷つけた可能性が考えられるという。

 島田真院長は「主治医も立ち会っており、態勢に問題はなかったが、肝臓が悪いため出血しやすい状態だったなど危険性をしっかりと説明するべきだった。このようなことが2度とないよう取り組みたい」としている。

 女性の母親(62)は病院側の謝罪にも「家に戻ってきた娘の背中は赤紫色だった。どんなに苦しかったのだろう。もっと生きたかったはず。あの病院にさえ行かなければ」と怒りを抑えきれない様子で話している。

 

研修医、治療中に血管傷つけ患者死亡 兵庫・尼崎

2009年1月8日11時55分

 兵庫県尼崎市の尼崎医療生協病院は、20代の男性研修医が入院中の女性患者(当時35)の腹水を抜く際に針で血管を傷つけ、患者を死亡させたと8日発表した。同病院は「結果的に力が及ばずに極めて残念」とコメントし、遺族にも謝罪したという。

 同病院によると、患者は昨年11月27日に重度の肝硬変で入院。12月4日に主治医が立ち会って、腹部にたまった水を抜くために医療用針(外径1.7ミリ、長さ55ミリ)を腹部に刺した。1度目では水が抜けず、2度刺したという。ところがその日夜に腹部の皮下出血が確認された。その後、貧血が進み、6日から輸血したが、16日に出血性ショックで亡くなった。

 島田真院長は「腹水を抜く方法、態勢に問題はなかった。肝硬変の症状が悪化しており、出血後、患者の体に負担をかけないよう外科的処置は見合わせたが、対応が正しかったかどうか今後検証したい」と話している。

 

腹水抜く出術で患者死亡 尼崎医療生協病院 

 尼崎市の尼崎医療生協病院で昨年十二月、肝硬変で入院していた同市内の女性(35)が、腹腔内にたまった水を抜く手術による出血が原因で死亡していたことが八日、分かった。「家族への説明が不足していた」として女性の家族に謝罪したという。

 同病院によると、女性は重度のアルコール性肝硬変で昨年十一月二十七日に入院。その後発熱し、腹腔内に水がたまっていることが確認されたため、細菌感染の疑いがあるとして十二月四日、水を検査するため腹腔内に針を刺す手術を実施した。

 手術は主治医が指導し、二十代の男性研修医が実施。直径一・七ミリの針を左下腹部に刺したが水が抜けず、もう一度刺したという。同日夜に皮下出血していることが分かり、容体が急変。肝硬変のため外科的処置が行えないと判断し、輸血したが、十六日夜、女性は死亡。死因は出血性ショック死だった。

 島田真院長は「この手術に出血はあり得るが、肝硬変で出血が止まりにくく、結果的に病状が悪化し、死期を早めてしまった。現時点で医療過誤とは判断していない」と説明。今後、外部の医療機関などに検証を依頼する。   

  

  

※フリー痲酔科医のひとりごとさんから飛んで来ていただいた方々へ

彼は、私がコメントを全て削除したとしていますが事実無根ですね。私を揶揄した方々すべてが、ブログへの直コメがなく、こちらが、ブログリンクをたどって発見し、反論してきました。唯一、うろうろドクターさんからは、誠実なご指摘をいただきました。彼には感謝しておりますし、実名も明かされました。

 それにしても、この痲酔科医と称する方は、事実確認もせず、思い込みで私を誹謗中傷していますが、ブログをしらぬまに消すようなことはいたしません。こういうお医者様がいることが残念でなりません。

以下、フリー痲酔科医のひとりごとさんのブログより、私への批判記事抜粋

先日の尼崎医療生協病院アルコール性肝硬変腹水穿刺の件では,重度肝硬変=出血傾向を知らないどこかの市議が「とんでもない初歩的なミスで、あきれかえる」と断言して大恥かいていた。

http://tsujiyoshitaka.spaces.live.com/blog/cns!ED30C85C44D4F589!1888.entry

医学的知識のない人間が「肝硬変=メタボの親戚程度」と思いこむのは無理もないが,あんなにきっぱり明言するから赤っ恥晒して苦しい言い訳をする羽目になる。今はコメントを全部削除して言い訳を見ることもできない。よほど恥ずかしかったのだろう。
そのうちエントリーも削除するかもしれないので 魚拓

その後、

お気づきになられたようで、

誠に申し訳ありません。
私がコメントで読んだと思った言い訳は以下のエントリーでした。
http://tsujiyoshitaka.spaces.live.com/blog/cns!ED30C85C44D4F589!1900.entry?_c=BlogPart
お詫びして訂正いたします。

市議はコメントを削除していません。私が間違っていました。

と訂正のメッセージが載りました。




辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

2件のコメント

カテゴリー: 医療問題

医療生協で、またもや医療ミス、失血性ショックで若い女性が死亡」への2件のフィードバック

  1. パイングッド

    『freeanesthe』ではミスを謝罪訂正されております。ところで辻先生は誤読による誤った文章の訂正はされておられますか?うろうろドクター氏は『明らかな誤読』と指摘されておられますが、辻先生にとってはそれは誤読ではないので、訂正などを行われないのでしょうか。だとすれば色々な所で指摘されておりましたが、文章読解について疑問を持ちます。どうか御一考願います。またブログに直コメントが無い事については私も一つ辻先生の申し上げたい。WindowsLIVEのIDを取らないとコメントできないようになっていれば、それを持っていない人はコメントを回避される事でしょう。事由に書き込める状態にしていない方が、直コメントがないと仰られるのは如何なものでしょう。代わりにトラックバックされるのは当然と思いますし、反論が長くなる場合はコメントよりトラックバックを使用するのが普通と思います。ブログリンクというのがトラックバックを表すのだとしたら、相手先に御自分の反論のトラックバックを残さない方が、実は影でこそこそ反論しているように感じられます。ブログというメディアのシステムについて再度勉強される事を希望いたします。※注_表示について間違いがありましたため、2回削除して再投稿しております。申し訳ございません。

  2. 義隆

    パイングッドさん、コメントありがとうございました。コメントの設定を見たのですが、 ブログ記事ヘのコメントを許可するにチェックが入っているので、コメント制限をかけているつもりがなかったので、一度、ほかのパソコンで試してみたいと思います。うろうろドクターさんの件については、コメントのやりとりをすべて明らかにした「尼崎医療生協病院が謝罪文。ミスは認めず。」という項で一連のやりとりを書かせていただきました。うろうろドクターさんもまとめの記事を書かれております。そこで読者自身がご判断いただいた方がいいと思ってそのままにしております。トラックバックの使い方のご指摘もいただきましたが、実は、ブログを書いていて、こんな形になったのは初めてだったので、ブログのやりとりの仕方についてのご指摘は、納得いたしました。今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中