相次ぐタクシー強盗、安全措置を義務づける必要があるのではないだろうか


年末に、タクシー運転手を狙った強盗殺人が相次いでいる。年間このような事件がどれだけ発生しているのだろうか。

毎年起こるこのような事件に対して、いつまで、タクシー会社の自由裁量にまかせておくのかという気がする。

確かロンドンのタクシーだっただろうか、客席との間には必ず、ガラスのフェンスがあって、ナイフや拳銃で脅される危険性を防御している。

景気が悪くなるなか、現金を扱うタクシーが狙われる危険性も大きく、多少のコストを払ってでも、命を守る装備ぐらいは義務づけるべきだと思う。

 

Google 検索: タクシー 強盗 ←グーグルで検索すると沢山出てくる事件。

 

以下、読売新聞、東京新聞

タクシー運転手が頭から血を流し死亡、強盗殺人容疑で捜査

 29日午前5時35分頃、兵庫県稲美町六分一の駐車場に止まっていたタクシーの横で、頭から血を流した男性が倒れているのを、通りかかった人が見つけ、110番した。

Click here to find out more!

 男性は鈍器のようなもので頭を殴られ、死亡していた。

 兵庫県警の発表によると、加古川タクシー(兵庫県加古川市)の運転手の男性(54)で、車内から売上金がなくなっており、強盗殺人事件として捜査している。

 現場は、JR山陽線土山駅の北東約2キロで、住宅と田んぼ、ため池などがある田園地帯。

(2008年12月29日09時51分  読売新聞)

 

米兵のタクシー運転手刺殺 粘り強い防止策を

2008年12月28日

 クリスマスの二十五日、切り立ったがけと中層ビルに挟まれ、乗用車がやっとすれ違える幅しかない路地裏を訪れた。今年三月、米兵によるタクシー運転手刺殺事件が起きた現場は、真昼でも薄暗く、冷気が漂う。二十メートル先は行き止まりの公園で、まさに袋小路だ。

 横須賀市内では二年前にも米兵による強盗殺人事件が起きた。二〇〇六年一月三日朝、雑居ビル前で、通勤中の女性=当時(56)=が壁にたたきつけられて殺害され、現金一万五千円を奪われた。逮捕されたのは、当時の空母キティホーク乗組員だった。公務外の犯行だった。

 女性の遺族が、米兵と日本政府に損害賠償を求めた訴訟の原告代理人の高橋宏弁護士は言う。「『勤務時間外も注意しろ』と言っているだけでは、実効性がない。米軍は兵士の公務外の犯罪にも法的責任を負うべきだ」

 日米地位協定は、公務外の犯罪被害に対しても、米兵が賠償金を支払えない場合、米国政府が代わりに支払うことを規定している。ただし、被害者が賠償額に納得できず、訴訟を起こす相手は、民法の規定で、米兵個人に限定される。

 高橋弁護士は「米軍自体の責任が問われない限り、再発防止策にも本腰が入らない」と指摘する。

 ただ、米軍も今年の事件を受け、手をこまねいていたわけではない。今春、在日米海軍の兵士約二万人の生活実態を調査。素行に「問題あり」とされた約十人がカウンセリングを受けたという。

 また、平日は午前零時、週末は午前二時以降の飲酒制限も実施した。米国人向けの飲食店が並ぶ同市の「どぶ板通り」では、制限時間が近づくと米軍内の警察が各店を見回り、規律徹底に努めている。

 どぶ板通りのバーで飲んでいた米兵(35)は、「三月の事件なら、誰でも知っている。でも兵士は再発防止の教育を受けているから大丈夫だ」と語った。

 米軍に求められる再発防止策の「実効性」とは、こうした一過性ではない粘り強い取り組みだろう。

 原子力空母「ジョージ・ワシントン」の横須賀配備で、米軍に対する地域の関心はこれまで以上に高い。惨劇が繰り返されれば、住民との間に修復しがたい亀裂が生じるのだから。 (新開浩)

 <横須賀タクシー運転手刺殺事件> 3月19日、横須賀市の路上に止められたタクシー車内で、運転手高橋正昭さん=当時(61)=が刺殺体で発見。車内のクレジットカードなどから米海軍横須賀基地所属の一等水兵オラトゥンボスン・ウグボグ被告(22)の関与が判明。身柄を拘束した米側は4月、県警に身柄を引き渡し、県警が強盗殺人容疑で逮捕した。12月の初公判で弁護側は「犯行当時、心神喪失状態だった」と無罪を主張した。

 

追伸、以下、朝日新聞、また、起こってしまった。怖いのは模倣犯が増えること、万全の防犯対策を。

タクシーで運転手?血流し死亡、首に切り傷 東大阪市

2008年12月30日10時38分

 30日午前7時25分ごろ、大阪府東大阪市西石切町6丁目の路上にとまっていた「商都交通」(大阪市中央区)のタクシーの運転席で、60代くらいの男性が血を流して死亡しているのを、散歩していた女性(82)が見つけ、110番通報した。男性はこの車の運転手とみられ、首付近に切り傷があり、大阪府警は殺人の疑いがあるとみて捜査を始めた。

 枚岡署によると、女性が発見した際、タクシーの運転席はドアが半開きになっており、男性は外に足をはみ出すようにして座っていたという。同署は、車内に売上金が残っているかどうかなどを調べている。

 

辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中