好感度アップをことさら狙う官邸は勘違いも甚だしい。今求められているのは強いリーダーシップ、八方美人ではない。


首相官邸は何か勘違いしていないだろうか。

人気があれば、選挙は勝てる、それは正しいが。キャラまで変えて、庶民派をアピールしようとしたり、つまらぬサプライズ訪問みたいなことをしてるヒマがあったら、真剣に国際的な経済的な危機をどうするか、経済学者やブレーンと必死に激論を交わす場面を設定すべきだ。

なぜ、橋下知事があれだけの放言を吐きながら、80%の強い支持を集めているのか。それは、[覚悟]があると府民に理解されているからではないだろうか。

言ってることは、過激でめちゃくちゃだと思われるが、良識よりも生き残ることに必死に挑戦しているから人気がでる。

人気を取るために、八方美人になったら、反対に人気を失うということを、何故、官邸が理解できていないのか不思議でたまらない。

もう、遅いかもしれないが、麻生のキャラを修復してもらいたいものだ。

拉致問題、経済政策、福祉行政、待ったなし問題に、万難を排して真剣に取り組む渋い顔の麻生を見たい。ニコニコ顔の小泉のモノマネは止めるべきだと思うがね。

 

内閣支持率:時事世論調査16.7%…首相周辺ショック

 時事通信社が19日発表した世論調査(12~15日実施)によると、麻生内閣の支持率は16.7%と同社の11月調査から22.1ポイント減り、報道各社の調査で初めて20%を下回った。麻生太郎首相は19日、ハローワークを視察するなど支持率アップに懸命だが、「今は耐えるしかない」(首相周辺)のが実情だ。

 「首相が12日に雇用対策などについて自ら記者会見した後だけに、この結果はショックだ」。首相周辺は驚きを隠さなかった。6~7日に実施した毎日新聞の世論調査では支持率が21%に低下しており、12日の記者会見は下げ止まりを狙ったものだったからだ。

 危機感を高めた首相官邸は、河村建夫官房長官が19日、記者会見場に政府の雇用対策の説明資料を拡大したパネルを持ち込んだ。河村氏がパネルを持ち込むのは初めてで、8分間にわたり政府案を説明。野党3党が提出し参院で可決された雇用対策関連法案を「予算の裏付け、内容に、疑問あるものがいろいろある」と批判した。一方で支持率低下については「政策を着実に仕上げていくことで国民の理解をいただく」と述べるにとどめた。

 首相は19日夜、首相官邸で「私への評価だと思って厳しく受け止め、かつ真摯(しんし)にその話を聞かなきゃいかんものだと思っている。我々としては1次(補正)、2次(補正)、本予算と予算を作り上げて、4月1日にスタートできるように全力を挙げたい」と語った。【坂口裕彦】

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中