TBSのねつ造報道まがいはどうなんだろうか。これを情報操作といわずして。鳩山夫妻を画像加工で隠す?!


メディアは鵜呑みにできないさんの指摘にびっくりした。

ニュース23といえば、故筑紫哲也氏の舞台だったところで、まさか、ねつ造まがいの報道がなされていたとはね。

まさに情報操作の典型、北朝鮮のねつ造写真を思い浮かべました

当ブログでも指摘したが、あまりにもマスコミの追求が甘い鳩山由紀夫氏とアパ、そして田母神氏との関係。

あの有名なワインの会の集合写真で、鳩山夫妻の顔が全く見えないように工夫が施されていたのでありました。

むしろ、報道機関なら、鳩山氏という大御所政治家が一緒に写っていることこそを報道すべきなのにである。

後ろの男性一人をぼかすことで、関係者以外は写さないという人権的配慮をにおわせながら、大の公人である鳩山氏を隠蔽するとは、ニュース23も墜ちたものだ。

さぞかし、筑紫哲也さんも草葉の陰で泣いておられることだろう。

こういった公平な報道のできない放送局をこのまま放置していんだろうか。

はなはだ疑問ですね。

でも、そこまでして、民主党に肩入れしたい理由を教えてほしい。何があるのだろうか。朝日新聞とフジテレビはすでに週刊現代に暴かれてるし、次はTBS????

 

以下、メディアは鵜呑みにできないさんのブログより。

> TBS 鳩山夫妻と田母神氏とアパグループの仲良し写真 鳩山夫妻の部分隠して報道

2chでTBSのあからさまな加工画像見つけました。
鳩山夫妻とアパグループの関係が分かると何か
まずい事でもあるんでしょうか?
【マスコミ】報道のTBS「NEWS23」が、鳩山氏とAPAグループとのつながりを故意に隠蔽か?【田母神氏論文問題】
↓2chより抜粋
1 :しいたけ ◆I.Tae1mC8Y @おじいちゃんのコーヒーφ ★:2008/11/16(日) 10:26:27 ID:???
08/11/15のTBS報道番組「NEWS23」にて田母神氏論文問題を取り上げた際、
APAグループの発行する 「日本を語るワインの会」に
田母神氏が写真入りで登場し、持論を述べている事を持ち出した。しかし、その
写真には民主党の鳩山由紀夫氏が夫人と共に同席して写っていた。
しかし、TBSにて報道される際に鳩山氏の写っている部分をカットし、
夫人の顔を隠して放送された。
なぜ写真を加工したのか?意図はあるのだろうか。

 

↓TBS報道で使われた画像

鳩山由紀夫さんの
奥さんの顔がコメンテーターで隠れています。w
↓比較版

    

                        公共の電波を使った報道に揺らぎ

 

こんなとんでもない記事もあります。

ねっ、途中までは、なるほどと関心させる内容なのに、なぜか最後の一行。まるでとってつけたようなこの一行は何なのだろうか。全然意味わかりません。ブータンと小沢一郎のこのお言葉のどこに関連性があるというのだろうか。コロコロ変わる小沢一郎がブータン国王と同じというのは、国王に対して、誠に失礼ではないだろうか。なぜ、ここまで、小沢一郎を持ち上ざるを得ないのか、教えて欲しい。でも、この記事読んで、小沢がスゴイと思う人間は皆無だと思いますがね。

因みに「変わらずに生き残るためには、変わらなければならない」は、ヴィスコンティの映画「山猫」で、アラン・ドロン演じるタンクレディが、伯父の公爵(バート・ランカスター)に、二人の最初の討論の時に言った言葉。舞台は、1860年のイタリアのシチリア、公爵は、古い世界の代表者として、タンクレディは変革者の一員として描かれていたということでした。くれぐれも、小沢一郎作ではございません。

ということは、「小沢一郎が引用した」というのが正確な表現ではなかろうかと指摘しておきます。

 

早い話が:ブータンの王は残った=金子秀敏

 ヒマラヤの秘境、ブータン王国で今月、新国王ワンチュク5世の戴冠式が行われた。絶対王制から立憲王制に変わって最初の国王である。28歳でハンサム。前王ワンチュク4世ともども国民の人気が高い。

 長いあいだ鎖国していたブータンは、9年前まではテレビもインターネットもなかった。神秘の国、地上最後の楽園。国民所得は低くても「国民総生産(GNP)」のかわりに「国民総幸福(GNH)」の高さを自負する国。開明的な国王が民主化運動の先頭に立つ国--いやし系のイメージが強いが、国王が民主化の旗を振るにはそれだけのわけがある。王様は酔狂で民主化などやらない。

 ヒマラヤ、つまり中国とインドの国境には、三つの王国が横一列に並んでいた。西にはヒンズー教のネパール。東にはチベット仏教のブータン。その間にチベット仏教のシッキムがあった。

 最初にシッキム王国が滅びた。もとはチベットの属国だったが、ヒンズー教徒のネパール人移住者が増え続けた。その結果、1975年にネパール人に影響力を持つインドに併合された。

 ネパールのシャー王朝は今年の5月、滅びた。憲法制定議会が共和制の憲法を採択し、最後の王となったギャネンドラ国王は王宮から去った。権力を握ったのは極左路線のネパール共産党毛沢東派だから事実上の無血革命だ。

 ブータンの前国王は、シッキムとネパールの王制崩壊を見て危機感を持った。ブータンの多数派はチベット仏教を信仰しゾンカ語を話すチベット系民族だ。だが南部には、インド経由で流入したネパール系ヒンズー教徒がいる。人口60万人の5分の1を占める。

 シッキムの二の舞いを恐れたのだろう、前王は、民族服の着用などブータン固有文化の振興運動を起こして、異文化の移民を圧迫し、不法入国者として国外に追放した。10万人ものネパール系住民が難民となった。この強硬措置に、国際社会から「民族浄化」という非難が出ないように前王が民主化を選択したと、難民側は見ている。

 2006年、前王は息子への譲位を宣言し、普通選挙を基本とする2院制議会、象徴的国王という立憲王制への移行を始めた。そのプロセスが完成したのが今年7月の憲法制定と今回の戴冠式だ。これぞ、小沢一郎民主党代表が言う「変わらずに生き残るためには、変わらなければならない」のブータン版だろう。(専門編集委員)

毎日新聞 2008年11月13日 東京夕刊

広告

1件のコメント

カテゴリー: ニュースと政治

TBSのねつ造報道まがいはどうなんだろうか。これを情報操作といわずして。鳩山夫妻を画像加工で隠す?!」への1件のフィードバック

  1. billion

    大阪の市長なんとかしたほうがいいんでないの?はたから聞いて聞きずらい答弁する態度が良くないね、市民の声を真摯に聞いて思いやりのある回答を出すもんだよ、意見が違うにしてもだ。うちの区長もいろいろ問題はありますが・・・・足立区。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中