わがまま政党、民主党。小沢のスタンドプレイに民主党議員はいつまでつきあうのか。


もう、この大事な時にいい加減にしろといいたい、民主党。

突然の党首会談の要求にもあきれたが、またもや審議欠席。

賛同する民主党議員は、議員辞職してもらいたいね。税金の無駄遣いそのものだ。

国会議員さんは、さぞ、こんな政争が好きなのかもしれないが、地方議員は、必死で、財政再建に取り組み、身を切ってるというのに、

マスコミのターゲットになりながらも、定数削減、歳費カットなどなど。

公務員も地方公務員はカットに次ぐカットなのに、国家公務員は優遇されたままだ。

そして、次のネクスト首相は、いやいやをして、大事な審議を欠席するとは、本当に情けない。

心ある民主党議員よ、いつまで、この強権、わがまま党首についていくおつもりか。

元々は、この小沢という人間に嫌気がさして分かれたはずではなかったのかと問いたい。

 

時事通信より

2次補正平行線=首相今国会提出明言避ける-民主新テロ法案採決応ぜず・党首会談

 麻生太郎首相(自民党総裁)は17日夜、首相官邸で民主党の小沢一郎代表と約30分間、会談した。小沢氏は追加経済対策を盛り込んだ2008年度第2次補正予算案を今国会に提出するよう要求。首相は「いつ出せるか明快に答えることはできない。出せるよう努力する」と述べるにとどめた。
 会談で小沢氏は、政府が二次補正を今国会に提出しない場合は、与党と合意していた18日の参院外交防衛委員会での新テロ対策特別措置法改正案の採決を先送りする考えを表明。これに対し、首相は「参院で決められたことを党首が一方的に破棄するのは納得いかない」として、二次補正と新テロ法案を絡める手法を批判した。
 これを受け、参院で主導権を握る民主党は自民党に、外交防衛委など18日に予定されている参院の委員会審議をすべて欠席すると通告した。 
 党首会談は、十七日の自民、民主両党の幹事長・国対委員長会談で民主党の鳩山由紀夫幹事長が「景気対策が重要というなら、二次補正を今国会に提出して大いに議論をすべきだ」と要求し、自民党が受け入れた。首相と小沢氏の会談は麻生政権発足後初めて。(了)
(2008/11/17-20:23

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中