環境局職員が覚せい剤で逮捕、こういう事件が起こった時には、市長なり局長なりの訓示を徹底すべき


また、大阪市職員から犯罪者が出た。それも、またしても環境局の職員。犯罪者続出で同局のさらなる綱紀粛正を望みたい。

人事課とも話をしなければいけないと思っていた矢先で、懲戒含めて、もうそろそろ、基準の強化が必要かもしれない。刑事犯罪を犯しながら、職場に戻ってくることを許していたら、真面目に働いている職員に示しがつかない。

職員の甘えた体質、組合がなんとかしてくれるという構造をぜひとも改革しなければと思う。懲戒基準が他市と比べてどうなのか、2年まえだったかに行った処分の厳格化がはたして歯止めになっているのか厳しく問いたいと思う。

大阪市職員、麻薬所持で逮捕

2007.11.7 21:45

このニュースのトピックス不祥事

 MDMAなど違法薬物を所持していたとして、大阪府警住吉署は7日、麻薬取締法違反容疑で大阪市環境局西南環境事業センター業務主任の福山一成容疑者(42)=堺市北区百舌鳥梅北町=を逮捕した。

 同署は当初、簡易鑑定の結果に基づいて覚せい剤取締法違反の現行犯で福山容疑者を逮捕したが、所持していた薬物がMDMAだったことが判明。いったん釈放した後、麻薬取締法違反容疑で逮捕したという。

 調べでは、福山容疑者は6日夜、大阪市住吉区内の路上で、MDMAとコカインが混ざった粉末約0・25グラムを所持していた疑い。

 同区内をパトカーで巡回していた同署員が、福山容疑者の乗用車が不審な動きをしているのを発見。職務質問したところ、小銭入れの中からMDMAなどが入ったポリ袋が出てきたという。

 福山容疑者は「1年ほど前にミナミで知り合った男にもらった。違法薬物とは知らなかった」と供述しているという。

 同署の堀居幸彦副署長は「鑑定を慎重にすべきで、今後指導を徹底したい」とコメントしている。


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中