これだけ大きな問題になっているのなら、野田氏は我が身を切る覚悟で民主党の問題を追及すべき


麻生内閣が形勢逆転をするなら、徹底した民主党追求に乗り出すべきだ。
このまま、国民がだまされ続けることを看過してはならない。
増子議員の問題は、これまでの問題よりもさらに根が深く、小沢代表の任命責任を問うてもらいたい。
次期政権を担おうとする政党なら、このままの態度で許されるはずもないではないか。

野田氏も日本アムウェイといういたって普通の企業からパーティー券を買ってもらっただけのことであり、
国会の質疑も、同社が特定の恩恵を受けるたぐいのものではない。
李下に冠を正さずといえないくもないが、そのために、重大な民主党の問題を看過してはいけないと思う。
我が身を切る覚悟で、堂々と、民主党の問題にメスを入れてもらいたい。
民主党みずから、ネットワークビジネスには、いいものと悪いものがある。
悪い業者は、徹底敵に摘発するべしということをいっていたわけで、その摘発業者から金をもらっていたのが、民主党なのだから、
野田氏は、恥じることはなにもないではないか。
小沢ロジックにだまされるな。てんぱってるのは、民主党だよ。

以下、時事通信、毎日新聞より

増子氏不問も痛手=マルチ問題再燃か-民主

 
民主党の増子輝彦参院議員が業務停止命令を受けたマルチ商法業者の監査役を務めていたことについて、同党は増子氏が業務停止命令後に監査役を辞めたことで
「けじめを付けている」(小沢一郎代表)として不問に付す考えだ。しかし、党所属議員と業界との関係が再び脚光を浴びた形となり、同党にとっては大きな痛
手となりそうだ。
 増子氏は3日、自身が監査役を務めていた業者への便宜供与を全面否定した。民主党を離党した前田雄吉衆院議員のように、国会での業界擁護の質問は確認されていない。このため、同党としては、業界から献金を受けていた山岡賢次国対委員長らと同様、問題にはしない方針だ。
 同党幹部は3日、「与党が騒げば騒ぐほど業界擁護の質問をした野田聖子消費者行政担当相の問題を取り上げることになる」とけん制した。
 とはいえ、「国民生活が第一」の看板を掲げている民主党にとって、イメージダウンは避けられない。野田氏の追及姿勢をちらつかせることで、何とか「痛み分け」に持ち込みたいのが本音とみられる。(了)

なんて汚いやり方だ。こんな民主党に政権は、任せられない。

小沢民主代表:「けじめつけた」と認識示す 増子議員問題

 小沢一郎・民主党代表は「次の内閣」経済産業担当を務める増子輝彦参院議員がマルチ商法問題に絡む企業の監査役を務めていた問題について「気がついて監査役を辞任しており、けじめは彼なりにつけている」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 小沢氏はさらに、マルチ商法業界から献金を受け国会質問をした問題で離党した前田雄吉衆院議員に言及したうえで「現職閣僚が同じように質問し、お金ももらっている」と述べ、野田聖子消費者行政担当相の問題を指摘。「現職閣僚は何十倍も大きな責任がある」と語った。

毎日新聞 2008年11月3日 20時19分

(2008/11/03-21:59)

これが小沢氏の本性だ。正道を歩むなら、どちらも追求して、国民にわびるべきではないのか。


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中