民主党の落日がはじまる。今後のマスメディアの寝返りが見物だ。田原総一朗が小沢引退を予言。


経済というか、お金が全てを決める。

財界は、この不況下、大幅な減税を求めていることはご承知の通りですが、

あまりにも選挙特需を求めるマスコミに対して、広告料削減という状況が次第に効いてきたようです。

視聴率の低下、新聞では、いつまでも絶えない、押し紙疑惑など、

広告主の反乱が情勢をかえつつあるかも。

早期選挙一辺倒だった、田原総一朗氏がびみょうに変化。

なんと、小沢引退予想まで出して、びっくりしました。

 

2008年10月28日 21:16:09 投稿

民主党の「高速道路の無料化」の嘘

田原総一朗さん、石原伸晃さん、菅直人さんが「暫定税率」と「高速道路無料化」について話されています。民主党は、すべての高速道路を無料化するが如く吹聴しているが、通行量の多い首都高速 、阪神高速、東名高速の一部(御殿場まで)は無料化されないようです。

ニコニコ動画へのリンク

将来の増税を狙っているのは、麻生さんよりひどい民主党の方だというのがよくわかります。

 

さらに、田原さんが急変。

麻生シンパになっちゃったビデオをご覧下さい。

小沢さんは、引退するそうです!!!!

ニコニコ動画へのリンク

 

昨年の辞任会見を改めて見ると、結局けじめをつけなかったのは小沢さん。福田さんの方がけじめをつけた訳だ。

民主党・小沢代表の辞意表明会見での主な発言は以下の通り。
 民主党代表としてけじめをつけるに当たって私の考えを述べたい。総理から要請のあった連立政権を巡り、混乱があったことに対してけじめをつけ、民主党の代表を辞するため、辞職願を提出し、党に私の進退を預けた。
 福田総理は、安全保障に関する重大な政策転換を決断された。自衛隊の海外派遣は国連安保理、総会の決議で認められた活動に参加することに限る。特定の国の軍事作戦は支援しない。新テロ特措法案にはできれば賛成してほしいが、連立が成立するなら法案成立にこだわらないと言われた。これまでの我が国の無原則な安全保障政策を根本から転換することから、私個人は、それだけでも政策協議をするに値すると判断した。
 民主党は、年金改革、子育て支援、農業再生などの法案を参院に提出しているが、衆院では自民が依然、圧倒的多数を占めている。これらの法案をすぐ成立させることはできない。ここで政策協議をすれば、国民との約束を果たすことが可能になる。
 民主党は、次の衆院選を考えた時、様々な面で力量が不足している。自民党もだめだが、民主党も政権担当能力があるのか、国民から疑問を提起されており、次の選挙も情勢はたいへん厳しい。国民のみなさんの疑念を一掃させるためにも、政策協議をし、生活第一の政策が採り入れられるなら、民主党政権を実現させる近道であると判断した。
 以上のような理由から、党の役員会で福田総理の考えを説明し、政策協議を始めるべきではないかと提案したが、残念ながら認められなかった。それは、私が民主党代表として選んだ役員から不信任を受けたに等しい。民主党代表として、また、福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した。


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中