残念だなぁ。あの榊原英資氏が民主党の広告塔になってしまって。高速道路の無料化なんて本当に考えてるとしたら、ファンを辞めます。


サンデープロジェクトの榊原英資氏は、ザンネンな姿だったなぁ。

妙にニヤニヤして緊迫感がなく、民主党のどうしようもない政権構想が日本の抜本的な構造改革になるとのたまうにいたっては、ファンを辞めたくなりました。

まぁ、特段思い入れが有るわけでもなく、あの日本の金融危機の時に、ミスター円として、頑張られたことから期待していたのだが、

あの公的資金投入のときに、そっぽ向いた民主党と小沢氏の傀儡に成り下がったようで失望いたしました。

定額減税なんか効果がないといいながら、農家や漁師への戸別保障が有効とか、どう考えてもおかしいし、道路の無料化にいたっては、40兆円の借金の手当をしなければいけないと解っていながら、お話しているとしたら、確信犯的で、識者のいうことではないなぁ。

竹中氏のごとく、きっぱり、民主党の議員として、この際、出馬されるというなら別だが。

彼については、できれば、超党派的な立場で、意見を述べる方が権威があったのに、民主党のマニフェストをそのまま口にするようでは、格が下がるというか、小沢代表の指示で言わされてる感がにじみ出ている。相手をしていた、中川氏はそれをご存じだから、あのにやけ顔の榊原氏に対して、困ったやつみたいな顔で応じていたのが印象的だった。

田原総一朗氏のいつものレッテル貼りもうざったい。

麻生がフーバーで、小沢がルーズベルト?????

本当に何と単純な発想でしょうか。

公共事業の効果はわかるけど、とことん公共事業をやって維持費と借金でヒーヒーいってるときに、ニューディール政策をそのまま赤字国債でやったらどうなるかぐらい、わかりそうなもの。ダムでもつくるのかね。

税金の再分配をどうするか、再分配は必要なわけで、地方の再興という榊原氏の指摘はあたっているが、それは、補助金行政の復活なんかではないことは明らか。だって、補助金づけでこうなってるわけで、農業・漁業こそ、保護主義から脱皮して、いや、保護という名の搾取をやめれば、即座に、農業も漁業も活性化する。

つまり、農協、漁協の解体と、農家・漁師の自立システムの確立が、地方活性化の鍵ではないだろうか。因みにノルウェーの漁師の年収は、20代の若い人でも1000万はくだらないそうです。

船も大きく、船員一人一人に拾い個室があり、床暖房でポカポカ。
シャワーもテレビもベッドもそろっています。
そのうえ、専属のコックさんまで乗船しています。
1回、網をうてば 3~4000万円相当のお魚が捕れるそうな・・
高級魚ねらいじゃないですよ。
捕ってるのは サバです。
4週間、働いて 4週間のお休みだそうです。(ゆるゆるベジタリアンのこころの中さんのブログより)

 

何が違うと思います?

日本では、一生懸命現場で働いた人の分け前を中間の農協や漁協、流通関係者が根こそぎもっていくからです。

漁師・農家と消費者が直で結ばれるくらいの仕組みをつくれば、みんな漁業や農業に取り組みますよ。自然と年収もアップする。当たり前でしょ。

なぜ、民主党はそれをいわないのかなぁ。いやいえないのかもしれませんね。地方票を握っているのは、漁協や農協ですからね。

漁業補償や農業補償をしたって、結局、農協から買わされた高い肥料や農薬、耕耘機に消えていくだけですからね。

 

目を覚ませ榊原英資!!といいたい。

いま大事な時に、小沢一郎のおつきあいをしていていいんでしょうか、


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: ニュースと政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中