年賀はがきが無料で出せる??


今日の読売新聞の朝刊で、「無料で出せる年賀はがき」という記事が目についた。

何でもインターネット関連企業のメディアインデックスが考案したとのことで、いわゆる広告付き。

郵便局でも広告付きで値段を下げたはがきはあるが、無料とはこれはすごい。

インクジェットプリンター対応で、はがきの名称は「tipoca(ティポカ)」。

インターネットのサイトで最大160枚も申し込めるというからすごい。

利害が一致すれば、みんなハッピー。

もちろん郵政にもお金は入るし、こういうのを推進すれば、年末に郵便局員がはがき販売のノルマにのたうち回ることもないだろうに。

本来郵政が考えるべきことでしょうね。それにしても、民営化で何か新しいことやった記憶があまりないが、何かやりましたっけ??

多分、ヘッドの人員が大幅に刷新されないとダメだろうね。

早く、株式を公開して、普通の企業になって、企業努力をしてほしいものだ。

 

internet watch より

無料で切手付き年賀はがきを注文できるサービス「tipoca」

tipocaの年賀はがき

 メディアインデックスは、無料の年賀はがきサービス「tipoca(ティポカ)」を開始した。ユーザーは、両面自由に使える年賀はがきを最大160枚まで注文できる。年賀はがきにはスポンサー企業の広告が付く。
 「tipoca」は、そのままポストに投函できる切手付き年賀はがきの注文サービス。はがきはインクジェット対応紙で、宛名面・裏面が白紙になっているため、ユーザーは任意の絵柄や文字を印刷できる。また、圧着はがきを採用し、広告主の情報を中面に掲載する。
 ユーザーは、20枚単位で最大160枚まで申し込める。書き損じを考慮して、注文枚数よりも若干多めに届くという。申し込みは11月末まで受け付けており、配送時期は12月初旬の予定。メディアインデックスによれば、10月16日にサービスを開始して以降、22日の時点で2万枚の申し込みがあったという。
 「tipoca」には、独自の「お年玉くじ」も付いている。はがきに記載されたQRコードから携帯電話で抽選サイトにアクセスし、空メールを送って応募する。1等は100万円。結果は2009年1月1日に携帯サイトで発表される。このほか、はがき20枚の注文につき、メディアインデックスがポリオワクチン1本を寄付する活動も行っている。


関連情報
URL
  ニュースリリース
http://www.mediaindex.co.jp/pr_081023.html
  tipoca
http://tipoca.jp/


辻よしたかのホームページ

にほんブログ村 政治ブログへ

人気blogランキングへ

ブログランキング  ←できればランクアップにご協力下さい。

広告

コメントする

カテゴリー: つぶやき

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中