サブプライムより恐ろしいCDS、AIGを救わざるを得なかった理由は?


リーマンの破綻、AIGの救済。
破綻の方ばかりに気を取られていたら、よくよく考えてみると、AIGの方が問題が大きいから救済したということに気がついた。
今週のニューズウィークでもとりあげられていたが、9兆円程度の注入で、本当に済むかどうか疑問に思った。
それは、AIGなどが手がけたCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の総量は62兆ドル。途方もない、円ではなく、ドルですから。
ジョージ・ソロスは、「私たちは嵐から出たのではなく、嵐に向かっている段階」と、述べているように、あらゆる防衛措置を講じる必要があるのだ。些末な国内問題に拘泥しているヒマはない。

それにしても、CDSという金融商品の恐ろしさと詐欺的行為。結局だれも責任をとれない仕組みで、ほぼネズミ講に近い。こんな詐欺商品が世界中にあふれていたわけで、日本の金融商品がどれだけ実害を被るか、早急な調査と対応が必要だ。米国の対応を待っていては、全治3年どころでは済まない。

その危機認識をどれだけ、共有できるか、麻生総理の決断は如何といいたい。あなたの双肩に日本国民の運命がかかっている。そして、参議院で、多数を制する民主党諸君は、いつまで政権の座に固執するのか、その見識がこの期に及んで問われていると自覚してもらいたいものだ。

  

  

「CDS」--ウォール街を破滅させた怪物
ニューズウィーク日本版10月 1日(水)

金融危機の元凶はJPモルガンが生み出したモンスター、
クレジット・デフォルト・スワップの無節操な濫用だ
マシュー・フィリップス(本誌記者)

 それは、米金融業界の大物たちの週末の儀式だった。
太陽のあふれるリゾートで日ごろのストレスを吹き飛ばし、
世界の支配者としての成功を盛大に祝う。

ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、
1本1000ドルのシャンパンなどをイメージすればいい。

 なかでも、94年にJPモルガン(当時)のバンカーたちが
フロリダのボカラトン・リゾート&クラブで過ごした週末は、
ウォール街の伝説になっている。

騒々しいパーティーもあったが、それだけではない。

彼らはピンク色の壁のスペイン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、
銀行業の歴史と同じだけ古い問題の解決に取り組んだ。

誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをいかに軽減するか、というものだ。

 当時、JPモルガンの資産は
企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨張していた。

問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、
巨額の自己資本を積まなければならないことだ。

利益を生まない金である。

 バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。

貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、
代わりに銀行は保険料を払う。

そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、
準備金を取り崩して商売に回すことができる。

 この仕組みが「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」で、
デリバティブ(金融派生商品)の一種だ。

CDSのアイデア自体はその2、3年前からあったが、
大きな取引をしたのはJPモルガンが最初だった。

同社は90年代半ばに「スワップデスク」を設置、CDSの市場を作るために
マサチューセッツ工科大学(MIT)やケンブリッジ大学から
若い数学者や科学者を雇い入れた。

 数年後には、安定的な収益を確保しながらリスクを回避する手段として、
CDSは最もホットな金融商品になった。

「(原子爆弾開発のための)マンハッタン計画に
かかわった人たちの話も聞いたことがあるが」と、
当時JPモルガンの専務取締役をしていたマーク・ブリッケルは言う。

「あのときボカラトンに集まったわれわれにも、
何か大変なものの創造に立ち会っているという実感があった」

 だが、40年代当時のロバート・オッペンハイマーや
部下の核物理学者たちがそうだったように、
ブリッケルと同僚たちも、自分たちが開発しているのがモンスターだとは気づかなかった。

今日、経済がよろめきウォール街が廃墟と化したのは、
彼らが14年前に解き放った怪物に大きな責任がある。

■金融業界が作った「大量破壊兵器」

 アメリカ最大の保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、
投資銀行や保険会社などに対して保証していた
140億ドルにのぼるCDSの支払いに行き詰まり、
納税者のお金で救済された。

この1年間の金融システム危機の原因の多くは、
元をたどればCDSに行き着く。

その市場は62兆ドルに達していた。

ニューヨーク証券取引所に上場する全株式の時価総額の4倍近い額だ。

 著名投資家のウォーレン・バフェットが
CDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのには理由がある。

CDSは企業対企業の相対取引で契約されるため、
政府の規制は及ばないし、取引報告を集約する場所もないので
本当の市場価値を知ることができない。

 その結果、数十億ドルもの不透明な「暗黒物質」が
金融市場の頭上に垂れ込めることになった。

CDSはならず者国家の核兵器のように世界中に拡散し、
今は注意深く秘匿されている。

多くの金融機関のバランスシートを吹き飛ばすのも時間の問題だ。

 CDSのいちばん初期の取引の一つは、97年12月にJPモルガンが行った。

同社はフォードやウォルマートなど大企業向けに実行した
300件、計97億ドルにのぼる融資を調べ、
最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定。

それを投資家に売却した。

 それを可能にしたのは、MITを出てJPモルガンのスワップデスクで働いていた
当時25歳のテリ・デュホンだ。

この部門は、のちに世界的な大銀行の幹部を多く輩出し、
「モルガン・マフィア」として知られるようになる。

「銀行が信用リスクを資産から切り離し、
保険会社や年金に肩代わりさせることに成功した」と、
今はロンドンでデリバティブのコンサルティング業を営むデュホンは言う。

 その後まもなくCDSは、リスクの高い中南米やロシアなど
新興市場への投資も怖くなくなる保険として使われはじめた。

01~02年にエンロンやワールドコムが
粉飾決算の挙げ句に巨額債務をかかえて倒産すると、
企業の内部崩壊に対する自己防衛の必要性も再認識され、
CDSは打ってつけのツールになった。

00年に1000億ドルだった市場規模は、04年には6.4兆ドルになった。

 そして住宅ブームがやって来る。

FRB(米連邦準備理事会)が利下げを繰り返し、
アメリカ人が歴史的なペースで住宅を買いはじめると、
住宅ローン債権を担保にした証券化商品は新たな有望投資先になった。

銀行やヘッジファンド、年金などあらゆる金融機関がこれを購入し、
彼らの多くがその債務不履行に備えてやはりCDSを購入した。

「一連の仕組みはきわめて魅力的で、猫もしゃくしも利用した。
その結果、CDSの市場は巨大化した」と、
かつてシティグループのクレジット・スワップ部門を率いたロアン・ダグラスは言う。

 AIGのような会社の取り扱い商品はすぐに、火災保険だけではなくなった。

彼らはCDSを売ることで、住宅ローンの保証もはじめた。

AIGが政府に救済されたときまでに、同社のCDS保証残高は4400億ドルに達していた。

 AIGの決定的な過ちは、
伝統的な保険の手法をCDSにそのままあてはめたことのように思える。

従来の保険では、一つの事故と他の事故の間に相関関係はない。

隣人が車を衝突させたからといって、自分もそうなるリスクが高まるわけではない。

 だが、債券の場合はまったく話が違う。

一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。

投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る。

 そして住宅ローンの証券化商品が債務不履行に陥りはじめると、
AIGは何十億ドルもの元利金を補償しなければならなくなった。

AIGにそんな資金はないことは、たちまち明らかになった。

 政府が介入してAIGを救済したのは、AIGがCDS市場のいわば最後のとりでだったからだ。

銀行やヘッジファンドはCDSの売り買い両方を行い、
どちらか一方で損をしてももう一方で得をするポジションだったのに対し、
AIGは保証を提供する一方だった。

もしAIGが債務不履行に陥れば、
AIGからCDSを買っていたすべての金融機関が損失を被り、
信用危機に陥っていただろう。

■銃を規制するならCDS規制もあり

 CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、
政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。

「悲しいことに、CDSは汚名を着せられた」と、デュホンは言う。

「誰かが撃たれたときに、それを銃のせいだと言うのに似ている」

 だが、AK47自動小銃の販売を規制すべきだと考える人がいるのと同じように、
CDSも使い方を誤れば危険だという議論は成り立つ。

「CDSがあることで、人々はトラブルに巻き込まれやすくなった」と、
スタンフォード大学ビジネススクールのダレル・ダッフィ教授(金融論)は言う。

 CDSは乱用されたが、それでも有効なツールであることには変わりなく、
葬り去ってはならないとダッフィは言う。

「仮にCSDを法律で禁じたとしても、
金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をかいくぐるだろう」

 将来の危機をいかにして食い止めるか頭を悩ませているウォール街と米政府が、
せめて小説『フランケンシュタイン』を再読してくれることを祈ろう。

(C) 2008 Newsweek, Inc. 2008 Hankyu Communications Co., Ltd.

広告

2件のコメント

カテゴリー: ニュースと政治

サブプライムより恐ろしいCDS、AIGを救わざるを得なかった理由は?」への2件のフィードバック

  1. billion

    やったもん勝ち、の感がありますね、

  2. 義隆

    結局、もてるものはさらに富み、貧しきものは、常に貧しくというのが、権力者の企みなのは、わかっているのにね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中